NEW
【報道ピックアップ】「会話についていけなくなる前に」(1月30日)

AKB河西手ブラ写真集が国際問題に? リクアワで湧いた秋元Pの新疑惑

【この記事のキーワード】

, ,

 いずれにしても、今回の代償は大きく、最悪、河西智美の終了宣言まであるんじゃないかと個人的には思ってます。こういう問題が起こった時には、所属事務所の芸能界への影響力が、彼女の今後に大きく影響するわけですが、河西智美はホリプロ所属です。AKBメンバーのメジャー所でいうと、板野友美や、次世代として期待されてる石田晴香などが在籍しているプロダクションで、かなりの影響力を持っている事務所だと思います(というか、勢いのある俳優・女優陣が多数揃っています)。

 ただ、これまでも数々の「バックレ伝説」を残している彼女ですから、芸能界からバックレても誰も驚かないと思いますが、今後の彼女の活躍に期待して、温かく見守りましょう。

●秋元P、イベントにノータッチなのを自ら暴露

 話はまったく変わりますが、最近のAKBの迷走ぶりといったら目に余るものがあります。1月24〜27日に開催された『AKB48リクエストアワー セットリストベスト100 2013』では、秋元康プロデューサーがダメ出ししています。初日には、ライブ以外にバラエティー企画も行われたようですが、その企画について秋元氏は、「Google+」上などで、

「衣装替えの時間を稼ぎたいんだろうけど、つまらないバラエティー企画をやるくらいなら、メンバーのぐだぐだトークのほうがいい」
「いつの時代の企画だろうか?」
「オープニングの映像とダンスのシンクロもショボかったなあ」

と、一刀両断しています。さらに、当日流す予定の告知映像について、「最低のクオリティーだ。開いた口が塞がらない」とバッサリ。そして「AKBの楽曲の総選挙なんだから、楽曲をちゃんと観せることが一番大切だ」と、イベントの趣旨を勘違いしているスタッフに怒りを表してるようです。

 ですが、そもそも秋元氏はプロデューサーなわけで、批判している企画に関しての最終決裁権者なのではないか? と素朴な疑問が湧いてくるわけですが、もしかすると、一連のAKB関連のイベントについて、秋元氏自らは関与しておらず、すべてゴーストライターやプランナーがチェックしていたということを、自ら暴露していたとも受け取れます。
(文=アラキコウジ/

【本連載のアーカイブ】
大みそかテレビ特番総ざらい!やる気なしフジ、他局頼みテレ東…
フジテレビ、“過激”昼ドラ好調でも喜べないワケ…幹部は激怒?
テレ東&池上彰の選挙特番、容赦ない暴走で断トツに面白い!
AKB恋愛禁止ではない?秋元大島“仰天”発言は崩壊の予兆?
元葬儀業?「私でどう遊ぶ?」…日本一美しい31歳“壇蜜”入門

●アラキコウジ:
人力情報キュレーションサービス『』を主宰。さまざまなメディア情報の中から、本当に使える情報をピックアップする、忙しい現代人のための時間短縮ツール。情報を単にクリッピングするだけではなく、大量のメディアを横断的に見ることで持ち得た独自の視点によって、よりわかりやすく面白く解説された“ネタ”として配信されるのが特徴。ビジネスマンのマストツールになるべく、日々鋭意運用中ですが、使える情報源の宿命でもある「人に教えたくない」スパイラルにはまっており、解約者がほとんど出ない割に、利用者がなかなか増えないことが目下の悩みのタネ。夢は、ネタックスの利用料だけで生きていくこと。




AKBを一刀両断する秋元氏、しかし、そもそも責任者はあなたでは…


AKB河西手ブラ写真集が国際問題に? リクアワで湧いた秋元Pの新疑惑のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
BJ おすすめ記事
www.honda.ua

www.swiss-apo.net

topobzor.info