NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

風邪時の危ない風呂の入り方…私が孫にワクチン接種させない理由

【この記事のキーワード】

, , ,

「Thinkstock」より

 今年の冬は、寒暖の差がいつもの年より激しいようです。世界中、至る所で同じようなことが起こっています。ロシアでは、摂氏マイナス65度を記録したと報じられており、想像を絶する事態です。日本でも日々の温度差が激しく、体調を維持するのがなかなか大変です。

 インフルエンザも猛威をふるっており、国立感染症研究所の集計では、年明け早々の1月1日から7日までの1週間の患者数が約124万人に達し、流行はさらに拡大しているようです。厚生労働省は1月下旬から2月にかけてピークを迎えるとみており、各方面に注意を呼び掛けています。

 予防のためにできることは、外出から帰ったら手を洗う、うがいをする。あとは、効果のほどは疑わしいとはいえ、出かける時はマスクをすることくらいでしょうか。

 多くの方が間違えているのは、風邪(インフルエンザも含む)のひきはじめに、ぬるめのお風呂にゆっくり入るというものです。これは厳禁です。これをしてしまうと、必ずといっていいほど呼吸器を壊します。それは即、風邪を悪化させ、場合によってはほかの病気を招くことになってしまうので、やめたほうがいいでしょう。「風邪かな」と思ったら、お風呂に入るより足湯をしたほうがよいのです。ゆっくり、ちびちびと水を飲みながら――。具体的な足湯の手順は以下のとおりです。

(1)できるだけ大きな洗面器かバケツなどに、42度くらいのお湯を入れる。器が大きいほど、湯温が下がりにくいためです。
(2)くるぶしの上まで、しっかり足をつける。好きなアロマオイルがあったら、お湯に加えてもよい。
(3)ゆったりした気持ちで12分程度、足をつけたら終了。途中でお湯が冷めてきたら「さし湯」をする。
(4)足湯をしている間は、あまり頭を使わないほうがいいので、ただポカーンとしていること。水を用意しておいて、少しずつ飲むとなおよし。足湯を終えたら、足をしっかり拭いて、冷えないように気をつける。
(5)12分足湯を行った後、左右の足に色の違いが出たら、白っぽいほうの足を2分ほど再度つける。その際には、湯温を2度上げる。

風邪時の危ない風呂の入り方…私が孫にワクチン接種させない理由のページです。ビジネスジャーナルは、連載、インフルエンザワクチン免疫力入浴の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
Был найден мной интересный веб сайт , он описывает в статьях про продвижение сайта днепропетровск.
Нашел в интернете авторитетный веб сайт на тематику Рерайт http://progressive.ua
www.np.com.ua