NEW

日本の工作機械業界、空前の繁栄期突入

「Thinkstock」より

 工作機械業界の新年恒例の賀詞交換会は熱気に包まれた。

 1月11日の日本工作機械工業会(日工会)の賀詞交換会では、飯村幸生会長(東芝機械会長)が今年の業界全体の受注高の見通しを1兆7000億円と、昨年を上回る数字を披露すると会場からどよめきが起こった。

 また、1月12日に開かれた日本ロボット工業会の賀詞交換会では稲葉善治会長(ファナック会長)が2017年の生産実績について、16年を3割上回る9000億円になったことを明らかにすると、会場は参加者の熱気に包まれた。

 自動車や電子機器などの機械部品や金型をつくるのが工作機械だ。「機械をつくる機械」ということから、マザーマシンとも呼ばれる。

 16年の工作機械の受注額は、前年比15.6%減の1兆2500億円。中国経済の低迷による設備投資の減速や米国市場の停滞もあり、海外からの受注は前年比19.6%減の7194億円と大きく落ち込み、3年ぶりに8000億円を下回った。

 そんな逆風にさらされていた工作機械業界は、17年に入り状況が一転した。逆風から順風に大きく変えたのは中国だ。

 中国への輸出が牽引し、17年、日工会の加盟企業の受注高は前年比31.6%増の1兆6455億円で、07年の1兆5899億円を超え10年ぶりに過去最高を記録する見通しだ。さらに、今年の受注高の予測として1兆7000億円という、前年を上回る数字を示されたことで、会場のボルテージは最高潮に達した。

日本の工作機械業界、空前の繁栄期突入のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、リーマンショック工作機械爆買い産業用ロボットの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

ссылка lkredit.com.ua

www.chemtest.com.ua/

www.best-products.reviews