NEW

人気の糖質制限食品、「砂糖不使用」の罠…人工甘味料で健康被害の恐れも

「Thinkstock」より

「糖質オフ」「糖質ゼロ」「ロカボ」といったうたい文句の低糖質食品、糖質制限食品が、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、外食メニューに氾濫しています。

 ロカボというのは、糖質(糖・炭水化物)を制限した食品やそれを用いた食事法のことを指します。食品市場のリサーチで知られる富士経済の調べでは、2016年の「低糖質食品」「糖質制限食品」市場の規模は、前年比7.7%増の3431億円と、急拡大しています。食品メーカーやコンビニチェーンも競って新製品を開発しており、すでに5000億円市場になっているとの推計もあります。急拡大の背景には消費者の健康志向の高まりがありますが、何よりもロカボ商品は糖質カットしているにもかかわらず、甘みがあってクセになるほどおいしいことが大きな要因です。甘くておいしく低カロリー、しかも手軽な価格なのですから、売れないはずはありません。

 ロカボ食品などの糖質制限食品は、砂糖や小麦粉は使用していません。では、それらを使わずに、どうやって甘くおいしくさせているのでしょうか。そこに注意しておかないと、糖質制限食品で逆に健康に悪影響が出てしまうことになりかねません。

 まず、気を付けなければいけないのは、甘味料にどんな物質が使われているかです。多くの糖質制限食品には、コストが砂糖の4分の1以下で済む人工甘味料が使われていますが、それらは毒性の指摘があるものがほとんどです。以下の人工甘味料が原材名表示欄に記載されていれば、避けたほうが賢明です。

人気の糖質制限食品、「砂糖不使用」の罠…人工甘味料で健康被害の恐れものページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、アスパルテームアセスルファムKスクラロースロカボ人工甘味料糖質制限の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
Make a website http://progressive.ua
別れさせ屋 静岡県

https://avtopoliv-gazonov.kiev.ua