NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

恐ろしい「長寿貧困」を回避する画期的「トンチン年金」が大注目

【この記事のキーワード】

, ,

「Thinkstock」より

「人生100年」という言葉が徐々に現実味を帯びてきた昨今。長寿時代をサポートする「トンチン年金」という保険商品が注目を集めている。そこで本コラムでは、前編・後編の2回に分けて、長生きリスクとトンチン年金のポイントをまとめてみたいと思う。

これからの世代は、かなりの高確率で90歳まで生きる


 日本人の平均寿命は、ゆるやかなカーブを描いて上昇している。厚生労働省の発表によると、2016年の平均寿命は過去最高を更新し、男性80.98歳、女性87.14歳と、香港に次ぐ世界第2位。今から50年後の65年には、男性84.95歳、女性91.35歳と4歳以上伸びる可能性も示されている。16年生まれの人が90歳までに生存する確率は、男性は4人に1人、女性は半数にも達するという。

 長生きしても、暮らしに困らず元気で穏やかに暮らせるのなら万々歳。ところが、病気やケガ、介護、認知症、経済的な問題等々。「長生きはめでたい」とばかり言ってはいられない人も少なからず出てくる。そう、いわゆる「老後破綻」予備軍だ。

老後の経済的準備はできていない人は8割以上


 年代・性別等に関係なく、老後の生活について経済的な不安を感じている人は多い。生命保険文化センターの調査によると、日ごろの生活や将来に向けてなんらかの不安を感じているという人に、最も不安に感じていることを尋ねたところ、自分自身に関する不安について、「自分が病気や事故にあうこと」(15%)が最も高かった。次いで多かったのが「老後の生活が経済的に苦しくなること」(11.5%)である。

 その一方で、最も不安に感じている項目別に現在の経済的準備状況をみると、多くの項目で「準備できている」が30%を超えているにもかかわらず、「老後の生活が経済的に苦しくなること」については、「準備できている」が14.4%と他の項目に比べ大きく下回り、「準備できていない」が85%にものぼっている(図表参照)。どうやら多くの人が不安に感じてはいるものの、どのように準備すれば良いかわからない、というのが現状のようだ。



「自分が何歳まで生きるか」なんて誰もわからない……


 老後の経済的リスクに対して「準備できている」と言い切れないのは、「自分がどのくらい生きられるかわからない」という不確実性の高さも理由の一つではないだろうか?

 通常、お客さまのライフプランを作成する際には、その時点の平均寿命で必要資金を見積もることが多い。しかし、今後も平均寿命が延びるというのでは、100歳まで生きる設定にしなければ心許ない。そうなると、現役時代にいくつものライフベントをクリアしつつ、リタイアするまでに十分な老後資金を準備できる人がどれだけいるだろうか?

恐ろしい「長寿貧困」を回避する画期的「トンチン年金」が大注目のページです。ビジネスジャーナルは、連載、がん患者トンチン年金老後破綻の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
https://bestseller.reviews