NEW
岡野あつこ「男女、夫婦、家族の問題を解決する実践テクニック」

妻を不倫に走らせる、夫の何気ない「ダメ押し」のひと言ワースト3

【この記事のキーワード】

, ,

「Thinkstock」より

 どれほど「おしどり夫婦」と評判の仲のいい夫婦であっても、長い結婚生活では一度や二度の危機を経験するのは当たり前。芸能界でも昨年、俳優・太川陽介さん(58歳)の妻で女優の藤吉久美子さん(56歳)の不倫疑惑が報じられたように、好感度の高い熟年夫婦でさえ、それは例外ではない。

 太川さんと藤吉さん夫婦の場合、妻に不倫疑惑が持ち上がっても「(妻からの謝罪や説明を受けて)妻の言い分を信じる。自分からは離婚は言い出さない。これから受けるであろう世間からの非難に対しては、夫である自分が妻を守る」といった内容を太川さんが宣言。これからも家族を守っていく決意を語り、トラブルを乗り越えていく姿勢を見せていた。

 一般的にも、「妻の不倫疑惑」で夫婦関係の相談に訪れるケースは増えている。ひと昔前であれば、夫婦問題の相談といえば、妻からの「夫の不倫や浮気」がスタンダードだったものの、ここ数年では明らかに夫からの「妻の不倫や浮気」に関するものが増えているのを実感する。多くの女性が結婚後も社会で活躍するようになり、経済的に自立することが可能になると、いろいろな意味で自由を手にすることができるようになるから、ということもその理由のひとつだろう。

 熟年夫婦の場合、妻が不倫に走る原因として「夫からの何気ないひと言」も軽視できない問題になっている。

「ラストストロー」という言葉を聞いたことがあるだろうか。「最後の藁」という意味のラストストローは、「どれほどタフなラクダでも、積み荷の重さの限界を超えた場合、たった1本の藁だとしても、それを積むことで簡単にラクダは潰れてしまう」という喩えにもなっている。熟年夫婦においても、「長年の結婚生活で、ずっと我慢を重ねてきたけれど、もうこれ以上は限界!」と、あるとき突然、妻の心が夫から離れてしまうことがある。そのきっかけになるのが、「夫からの何気ないひと言」というラストストローなのだ。

 妻の心の変化に鈍感な夫にとっては「たった、それだけのことで?」と納得できないかもしれないが、我慢を重ねてきた妻にしてみれば、夫にはこれまでのアウトカウントが累積値として存在しているもの。最後のたったひと言が命取りになって、夫婦関係が終わってしまうことにもなりかねないのだ。そして、夫から心が離れた妻は、夫とは別の男性のもとへと走るケースも少なくない。

妻を不倫に走らせる、夫の何気ない「ダメ押し」のひと言ワースト3のページです。ビジネスジャーナルは、連載、不倫疑惑太川陽介熟年離婚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
maxformer.com

別れさせ屋 千葉

www.chemtest.com.ua/