NEW

ソニー・シックス始動、過去最高益に隠れる危機…一部品メーカー化で「財務の会社」か

平井一夫氏と吉田憲一郎氏(写真:AFP/アフロ)

 ソニーの新体制は、吉田憲一郎氏と十時裕樹氏の2人の代表執行役が担う。

 4月1日付で平井一夫社長兼CEO(経営最高責任者)が代表権のない会長に就任し、吉田副社長兼CFO(最高財務責任者)が社長兼CEOに就任する。新社長を支えるCFOには十時氏が就く。

 新たにCEOとなる吉田氏は、東京大学経済学部を卒業し1983年にソニーに入社。財務部や社長室などの管理畑を歴任後、子会社のソネット(現ソニーネットワークコミュニケーションズ)に出向。平井体制となった13年12月、ソニー本体の執行役員として呼び戻された。

 一方の十時氏は、早稲田大学商学部を卒業し1987年にソニーに入社。ソニー銀行を設立したことで知られる。吉田氏に請われてソネットのCFOを務めていたこともある。直前までCSO(最高戦略責任者)のポストにあり、今後も吉田氏の右腕となる。

 平井体制の転換点は、吉田氏を副社長に、十時氏をCSOに呼び戻した時だった。今後は、十時氏を筆頭に、テレビ事業の再建を担った高木一郎氏、カメラ事業の牽引役となった石塚茂樹氏、オリンパスとの医療事業などを手掛けてきた勝本徹氏の3人の執行役が吉田氏の脇を固める。平井体制下で苦楽を共にしたメンバーが経営中枢を形成するわけだ。平井氏を含めて、さしずめ“ソニー・シックス”といった体制だ。

 石塚氏はデジタルカメラなどのイメージングプロダクツ&ソリューションズの社長。新たにモバイルコミュニケーション事業とストレージメディア事業担当が加わる。

 高木氏はテレビのソニービジュアルプロダクツ社長とビデオのソニービデオ&サウンドプロダクツ社長を兼務。新たに生産・物流・調達を担当する。

 新しく執行役EVP(エグゼクティブ・バイス・プレジデント)に就任する勝本氏は、デジタルカメラのソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ副社長だ。

「今のソニーを体現した人事ともいえる。つまり、ソニーの中核は金融事業であり、“財務の会社”ということだ。だから、財務畑の吉田氏が社長に昇格した」

 全国紙の記者は、こんな辛口の見方をする。

ソニー・シックス始動、過去最高益に隠れる危機…一部品メーカー化で「財務の会社」かのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ソニーソニーネットワークコミュニケーションズソニービジュアルプロダクツソニー・ミュージックエンタテインメントの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
www.mitsubishi.niko.ua

https://seotexts.com

У нашей компании полезный сайт , он описывает в статьях про Нандролона деканоат купить https://buysteroids.in.ua