NEW

ローソン、「待ちカフェ」と揶揄されても、やめない理由…「意外な効果」創出?

【この記事のキーワード】

, , ,

ローソンの店舗(撮影=編集部)

 2月19日付日本経済新聞にコンビニエンスストアチェーンのローソンに関する小さな記事が載っていました。そもそも、ローソンはほかのコンビニとは異なり、コーヒーをセルフではなく、店員がいれて渡してくれます(最近ではローソンでもセルフの店もあるようですが)。

 記事はローソンが新たな機械を導入し、コーヒーの提供時間を40秒から25秒へと約4割削減するという内容でした。

なぜローソンはセルフではないのか

 調べてみると、まずコンセプトが「街にカフェをつくる」ということで、「コンビニでコーヒーを販売する」というスタンスの他社とは大きく異なるようです。カフェであるため、店員がいれるのは当たり前。つまり、セルフより良いサービスの提供を目指しているわけです。さらに、手渡しにより店員と客の間で交流が生まれる。もっとも、ココアやアイスティーなども用意され、バリエーションが豊富なため、セルフにしにくいといった理由もあるようですが。

 このように、店員によるコーヒーの提供は良いことばかりのような気もしますが、みなさんはコンビニのコーヒーはセルフとフルサービスのどちらが好みでしょうか。

 筆者は100円のコーヒーをわざわざいれてもらうのは何か申し訳なく、自分でいれるセルフのほうが気楽でいいのですが、こうした意見はネットなどを見ると少数派ではないようです。

 ローソンのこうしたコーヒーサービスは、街のカフェという意味で「MACHI cafe」という名前になっていますが、提供時間が長い、それによってほかの買い物客にも迷惑になるということで、「待ちカフェ」と揶揄されることもあるようです。よって今回、新しい機械を導入し、提供時間を短縮することとなったのでしょう。

 しかし、顧客サービスの向上を狙い、人件費などのコストを余計にかけた結果、文句を言われるというのは、なんとも皮肉な話です。


プレミアム商品やサービスを誰よりも知り尽くす気鋭のマーケティング研究者が、「マーケティング=高く売ること」という持論に基づき、高く売るための原理原則としてのマーケティングの基礎理論、その応用法、さらにはその裏を行く方法論を明快に整理して、かつ豊富な事例を交えて解説します。



ローソン、「待ちカフェ」と揶揄されても、やめない理由…「意外な効果」創出?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、コンビニコーヒーセルフサービスローソンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
www.bestseller.reviews

www.lkredit.com.ua

DBPOWER UDI U842