NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」【アプリ四季報 2017年10~12月】

「どうぶつの森」、世界的ヒットの本当の理由…意外なユーザー層?

「」より
 ダウンロードしたものの、数回使っただけで休眠しているアプリが「スマートフォン(スマホ)に入ったまま」という人も少なくないはず。テレビCMなどでは「数百万ダウンロード突破!」と威勢のいい言葉をよく聞くが、実際にどんなアプリがどの性年代にどのくらい使われ続けているのか。


 本連載では、ダウンロード数だけでは見えない「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーに、四半期ごとに人気アプリの実態について聞いている。

 今回も、同社の事業戦略室室長の岡田雄伸氏に2017年冬(10~12月)を中心にアプリの動向を聞いた。

「どうぶつの森」アプリ、なぜ世界的人気に?


岡田雄伸氏(以下、岡田) 17年冬のゲームアプリで爆発的に伸びたのは、11月に発売された「どうぶつの森 ポケットキャンプ」ですね。世界累計1100万本を超える大人気シリーズのニンテンドー3DS「とびだせ どうぶつの森」のアプリ版です。

――プレイヤーはキャンプ場の管理人として動物たちの集まるキャンプ場を運営していく、というゲームですね。

岡田 「App Ape」が集計したゲームジャンルの日間利用者数ランキングでは、発売初日の11月21日に2位、22~23日に連続1位を記録しています。日本だけでなく、海外の「グーグルプレイ」の無料ゲームランキングでも1位を獲得しています。

――なぜ、ここまで人気があるのでしょうか?

岡田 すでに何作もコンシューマーゲームとしてシリーズ化しているためブランド力があることに加え、過去にプレイしたことのある人が「またやってみよう」という気になる、とっつきやすさがあるのでしょうね。

――前回、「ロシア発のガーデンスケイプが女性に人気」とありました。それと似た“育成”要素が人気なのでしょうか。

岡田 そうですね。ただ、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は育成だけでなく交流要素もあります。バザーのように、自分がゲーム内で収穫したものをゲーム内の露店で友達に売ることもできるんです。「アメーバピグ」【※1】にも近いものを感じますね。

――利用者は女性中心でしょうか?

岡田 やはり女性人気が高いですね。「どうぶつの森」シリーズは初代が発売されたのが01年です。当時から馴染みがあったであろう20~30代女性に、特に人気です。また、レビューもポジティブなものが多いです。発売から3日で14万件超、それも平均4.4と高評価のレビューを獲得しているゲームは、なかなかありません。

――今や多くの人がゲームをしていますから、何をもって「ライト」ユーザーか「ガチ」ユーザーかを分けるのは難しいと思いますが、「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のユーザー層はどのような感じなのでしょうか?

岡田 もちろん、利用動向は人それぞれですが、「App Ape」では「そのアプリを使っている人が、ほかになんのアプリを使っているか」という調査もできます。「どうぶつの森 ポケットキャンプ」のユーザーはほかにもゲームをいくつか利用しており、そのなかには「刀剣乱舞」や「A3」といったゲームも見られました。


時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。



「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第!


「どうぶつの森」、世界的ヒットの本当の理由…意外なユーザー層?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、NHK紅白歌合戦どうぶつの森 ポケットキャンプどうぶつタワーバトルアプリゲームの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
https://alfaakb.com

aboutviagra.info

www.aboutviagra.info/product/neurontin-gabapentin/