NEW
宮永博史「世界一わかりやすいビジネスの教科書」

大ヒット「バーミキュラ」に学ぶ経営戦略

【この記事のキーワード】

, ,

「」より

 毎年、年末から年始にかけて、筆者が勤務する大学院には、入学を希望する社会人たちが入試相談会に押し寄せる。社会人だけに、それぞれが具体的な実務上の課題を持って臨んでくる。

 去る2月上旬に開催した相談会でも、奄美大島の焼酎メーカーの営業マンが参加していた。ご多聞にもれず、焼酎の売上が減少しているという。これは、この焼酎メーカーに限らず、多くのメーカーに共通の課題である。

 相談会では何人かのグループに分かれて教員が対応するが、筆者が担当したグループには、この焼酎メーカーの営業マンのほかに、自動車部品メーカー、航空会社、コンテンツ配信会社などの社会人が参加していた。そこでの会話から、今の企業が抱える課題と転換点について考えるヒントが浮かびあがってくる。

モノ余りの時代に、何を売るか


 事業を考える基本としてまず考えることが、「誰」に、「何」を、売るかということだ。この「何を」が意外と曲者だ。たとえば、焼酎メーカーであれば、「何を」は焼酎と考えるのが普通であろう。モノ不足の時代はそれでよかったかもしれない。しかし、モノが余っている今、単に焼酎を売ろうとしても売れないのだ。まして国内は少子高齢化ときている。

 そこで必要になるのが編集力だ。この焼酎メーカーの課題に対して、現役の社会人学生(応援として参加)は、まさに編集力を活かしたアドバイスをしていた。それは、単に焼酎を売るのではなく、奄美大島という特徴を生かしてみてはどうかというものだ。奄美大島に足を運んでもらい、観光を楽しみ、そのなかで奄美大島の焼酎も選択肢の一つとしてはどうかという構想である。焼酎を売るのではなく、奄美大島を売るのだ。

 聞いてみると、この会社の経営理念は、単に焼酎を売るというよりも、奄美大島の良さを知ってほしいということにあるしい。あとでサイトを拝見すると、なんと体験型のリゾートを開発している。現役の社会人学生のアドバイスは、まさに経営理念と合致していたわけだ。

編集力の時代


 モノ余りの時代に必要とされるのは、点と点を結ぶ編集力である(スティーブ・ジョブズもスタンフォード大学の卒業式でこの点を強調している)。編集工学研究所を主宰する松岡正剛さんという方がおられる。世界的にも著名な方で、海外からも松岡さんに会いたいとやってくるという。

大ヒット「バーミキュラ」に学ぶ経営戦略のページです。ビジネスジャーナルは、連載、バーミキュラホーロー鍋愛知ドビーの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
http://profvest.com

https://yarema.ua

У нашей фирмы полезный веб портал , он рассказывает про www.progressive.ua.