NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

糖質制限ダイエット、「効果が高く、安全」の根拠否定…重大な健康被害リスクも

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 ダイエットに関する興味深い研究成果が米国医師会誌上で発表されました【注1】。「糖質」を制限するダイエットと「脂肪」を制限するダイエットで、どちらがやせられるかを比べたものです。

 対象となったのは18~50歳の男女ボランティア609人で、BMI(ボディマス指数:体重と身長から算出される肥満度を表す指数)28~40とかなり肥満の人ばかりです。年齢や性別のほかメタボに関係する遺伝子なども調べた上で、それらに偏りが生じないよう、公平かつ無作為に2つのグループに分かれてもらいました。その一方には低糖質ダイエットを、他方には低脂肪ダイエットを1年間、続けてもらったのです。

 この種の調査で難しいのは、ボランティアが毎日の食生活を、長い年月にわたり指示通りに続けなければならないことです。途中で嫌になって約束事を破ってしまう人がいるでしょうし、こっそりダイエット・サプリなどを服用してしまう人もいるかもしれません。その点、この調査では、すべての参加者が栄養学の専門家による計22回に及ぶ小グループ講習を受け、厳格なコントロールがなされたとのことでした。

 結果は明快でした。1年後、低糖質ダイエットと低脂肪ダイエットで、やせる割合に違いがまったくなかったのです。メタボ関連遺伝子ともいっさい関係がありませんでした。

 低糖質ダイエットは、歴史が古いだけに、世界中でたくさんの学術調査がなされているのですが、それらの効果と問題点を広範に検証したという研究があります【注2】。492編におよぶ学術論文を精査し、信頼性が高く、かつ1年以上の追跡を行ったものだけを厳選して、総合判定を下したというものです。

 結論は、低糖質ダイエットを1年以上続けると、死亡率が30パーセントも高くなるというものでした。死亡原因は心臓病、腎臓病、がんなどさまざまです。

 また別の調査から、低糖質ダイエットを1年以上続けた場合、1日当たりの糖質の摂取量を20グラム減らし、たんぱく質を5グラム増やすごとに、心臓病の発生率が5パーセントずつ増える事実も判明しています【注3】。ちなみに糖質20グラムとは、普通サイズの茶碗に4割ほど盛ったご飯に相当します。

糖質制限ダイエット、「効果が高く、安全」の根拠否定…重大な健康被害リスクものページです。ビジネスジャーナルは、連載、健康被害糖質制限ダイエット肥満度の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
http://pillsbank.net

baden-medservice.com