NEW

安藤優子、北村弁護士発言「制止」が物議…佐川氏批判の福山哲郎議員を批判の途中で

【この記事のキーワード】

, ,

公式サイト(「フジテレビ HP」より)

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書改ざん問題をめぐり、改ざんが行われた当時の財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官に対する証人喚問が27日、行われた。佐川氏は改ざんの経緯などについて「刑事訴追のおそれがある」ことを理由に証言を拒否し、真相解明には至らなかった。

 その証人喚問で質問に立った立憲民主党の福山哲郎幹事長は、同日報道のテレビ番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)に中継で出演。福山氏の主張に対してスタジオの北村晴男弁護士が反論したところ、安藤優子アナウンサーが北村氏の発言を制止したことが、ちょっとした物議をかもしている。

 まず、福山氏は証人喚問における佐川氏の発言を次のように厳しく批判した。

「まあ、正直に申し上げて(佐川氏は)何も答えなかった。改ざん文書については、誰がつくったのか、何の目的でやったのか、いつか、すべてお答えになりませんでした」

「経緯について『自分は刑事訴追のおそれがあるから答えられない』とおっしゃっているのに、一転、改ざん文書の官邸や総理や大臣の関与について聞くと、それだけは明確に『ありません』とおっしゃるわけです。それも経緯のひとつなので本来なら『答えられない』というのが筋なのですが、そこだけは答えるという非常に不可思議な喚問でした」

 すると北村弁護士が「それは全然おかしくないですよ」と、次のように反論した。

「まったくおかしくないですよ。刑事訴追というのは虚偽公文書作成罪に関わるところですから。それについて『訴追のおそれがある』と言っているのは、“佐川さんが相当深く関与したのだろうな”ということ。だからそれは答えられないんです」

「官邸からの指示がなければ、ないということは答えられるんですよ。答えても本当のことであれば偽証罪にならないんですよ。そうでしょう。経緯だからと一括りにして、『全部しゃべらなければおかしい』という考えは間違ってますよ」

 これに福山氏は「いや、そうではないと思いますね」と首をかしげるが、北村弁護士は「絶対あなたは間違ってますよ」と主張。すると安藤アナは「ちょっと北村先生、待ってください。(福山氏に)午前中の質問について伺いたいので……」と話題を変えて、北村弁護士の追及を遮った。

安藤優子、北村弁護士発言「制止」が物議…佐川氏批判の福山哲郎議員を批判の途中でのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、北村晴男弁護士安藤優子直撃LIVE グッディ!の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事
On page seo progressive.ua
www.profvest.com

aboutviagra.info