NEW

ゾゾタウンに暗雲、包囲網狭まる…購入者増が急失速、初代ゾゾスーツ生産失敗で特損

【この記事のキーワード】

, ,

ZOZOSUIT(「ZOZOTOWN HP」より)

 衣料品通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイは4月27日、初代採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の生産に失敗し、約40億円の特別損失を2018年3月期の連結決算で計上したと発表した。

 同社が鳴り物入りで打ち出した採寸用ボディースーツ。初代のものは、採寸センサーを内蔵したトップスとボトムスが上下セットになったスーツで、着用するだけで身体1万5000カ所のサイズを瞬時に計測し、計測したデータを基に同社のプライベートブランド「ゾゾ」でジャストフィットの服を生産することができるというシロモノだった。同スーツはニュージーランドのソフトセンサー開発会社、ストレッチセンスと共同開発した。

 同スーツを発表したのは昨年11月。無料で配布するということもあって注文が殺到したといい、一部を除き発送が遅延していた。だが同社は4月27日、新型のスーツを新たに開発し、以後は新スーツを発送すると発表した。

 新スーツは全身に300~400個ほどのドットマーカーがプリントされており、スマートフォンで全身を360度撮影してドットマーカーを読み取ることで採寸する仕様となっている。センサーを必要としないので低コストで生産でき、生産を早めることができるという。これにより配送遅延を解消し、今年度中に最大1000万着を無料配布する考えだ。

 新スーツを採用することになったため、初代スーツがらみの特別損失が発生することとなった。今後の利用が見込めない初代スーツの製造のための設備投資の減損損失として14億8600万円、初代スーツの製造のための集積回路などの部材の棚卸資産評価損として2億6300万円、ストレッチセンス社の業績が当初計画を下回りそうなことから投資有価証券評価損として18億4800万円、ストレッチセンス社に支払い済みの前渡金があるため前渡金評価損として6億6300万円を計上した。

 一連の特別損失の合計は約40億円に上り、経常利益の約13%が吹き飛んだかたちだ。新スーツのほうが低コストということで、中長期的には損失を十分回収できる計算になるだろうが、慎重に事を進めていれば発生しなかった損失なので高い授業料になったといえるだろう。

ゾゾタウンに暗雲、包囲網狭まる…購入者増が急失速、初代ゾゾスーツ生産失敗で特損のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ゾゾタウン伊藤忠楽天の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!