NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

梅雨、ダルさや体調不良を解消する方法? なぜ短時間睡眠だと太る?

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 だんだんと暑さを感じることも増えてきました。あたたかくて気持ちいい季節もつかの間、今年もまた梅雨の時期が近づいてきましたね。梅雨の時期といえば、あじさいやジューン・ブライドなどの華やかなものも浮かびますが、やはり何よりもジメジメとした雰囲気、雨に悩まされる方が一番多いのではないでしょうか。

 雨の日はなんだか気分も晴れない、面倒で外に出たくもないし、となんだか憂鬱な気分になりますよね。実はこれは気のせいではなく、自律神経の乱れからくるものだったのです。

 まず、自律神経について簡単に説明しましょう。自律神経は、我々の意思に関係なく、常に心臓の鼓動、血圧、ホルモンの働き等を調整している神経です。そして自律神経のなかには、自律神経と副交感神経の2種類があります。その(細かいほうの)自律神経のなかにも、緊張・興奮作用によって心身を活発にする「交感神経」と、休息・鎮静作用によって心身をリラックスさせる「副交感神経」の2種類があります。通常、交感神経が優位に働くときには副交感神経の働きが抑えられ、逆に、副交感神経が優位に働くときには交感神経の働きが抑えられます。このように、両者の自律神経が一定のリズムでシーソーのようにバランスよく働くことによって、私たちの健康は維持されています。

 では、雨の日には、自律神経にどのような悪影響が現れやすいのでしょうか。雨が降り始める前になると、気圧が徐々に下がって、低気圧になります。すると副交感神経が優位に働くようになり、血管が拡張し、筋肉はゆるんできます。雨が降りはじめる前には体がだるくなり、眠くなったり疲れやすくなったりするのは、このためです。先ほどお伝えしたように、自律神経は、交感神経と副交感神経がバランス良く交互に働いています。ところが、いずれかの神経が過度に働いたり、シーソーのリズムが乱れたりすれば、自律神経がパニック状態に陥ってしまいます。

 こうして自律神経の働きが乱れると、体にさまざまな悪影響が現れてきます。雨の日に頭痛や耳鳴りがするという人も多いですよね、それは自律神経の乱れが原因と考えられています。

昼寝の効用


 そんなやっかいな自律神経の乱れを一時的に整える効果的な方法として、15分程度の昼寝をしてみましょう。産業医学総合研究所の高橋らの研究ですが、15分間、45分間と昼食後に被験者に昼寝をするグループと昼寝をしないグループに分け、昼寝前、30分後、3時間後と脳波を測りました。結果、昼寝をしたグループは、眠気を感じる程度が低くなり、副交感神経が優位になっていることが観察されました。そして、15分間昼寝をしたグループは課題のパフォーマンスも上がりました。

 また、アメリカ航空宇宙局(NASA)の研究では、26分の睡眠で、パフォーマンスが34%向上し、注意力が54%も上がることが観察されました。

梅雨、ダルさや体調不良を解消する方法? なぜ短時間睡眠だと太る?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ストレス梅雨睡眠不足の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事