NEW

逮捕4回、通算服役12年の私が語る「獄中と覚醒剤のリアル」

【この記事のキーワード】

, ,

中野瑠美さん
 覚醒剤で逮捕4回、通算服役12年――そんな経歴を持つ中野瑠美さんが、知られざる女子刑務所の日常をコミカルな筆致でつづったのが『』(イースト・プレス)だ。


 本書の中では、イジメや高齢化、性の問題まで、“獄中のリアル”がぶっちゃけられている。塀の外からは決して垣間見ることのできないムショの世界について、中野さんに聞いた。

暗くて悲惨だけど“おもろい”ムショ生活


――5月にイースト・プレスから『女子刑務所ライフ!』というエッセイを出版されました。女子刑務所の赤裸々な生活がつづられていて、とても興味深いです。

中野瑠美さん(以下、中野) ありがとうございます。「ちょっとおもろい女子刑務所」の本はあまりない気がしていたので、そういうものを目指したいと思っていました。――確かに女子刑務所に関する本は暗く、悲惨なイメージがあります。

中野 まぁ、実際に暗くて悲惨なところでしたけどね(苦笑)。陰険なイジメもありますし。でも、それだけじゃなくて、ムショの生活のおもろいところや困ったところについて書いておきたいと、前から思っていたんです。

 それで、時々「元女囚」としてテレビに出させていただいていたところ、「」の編集者さんからお声をかけていただき、コラムを書かせていただくことになりました。『女子刑務所ライフ!』は、そのコラムをまとめたものです。

――コラムも人気だそうですね。刑務所の生活だけではなく、芸能人の覚醒剤問題などについても書かれています。

中野 はい。特に、大好きな清原和博さんについては、つい書いてしまいますね(笑)。清原さんに限らず、「人生は何度でもやり直せる」という思いもあります。

失恋のショックで覚醒剤を使用…幻覚や妄想も


――通算12年の服役は覚醒剤事件によるものだそうですが、覚醒剤を使用していた過去も隠されていませんね。

中野 事実ですから。最初に逮捕されたのは23歳のときで、懲役2年6月の判決を受けたのですが、このときは執行猶予がつきました。でも、その後にまた覚醒剤で逮捕(パク)られて、合計で12年間の服役生活を送りました。

 過去は過去として向き合いたいし、私の経験を生かして、今も覚醒剤やアルコールの地獄から抜け出ることができない人たちの力になりたいと思っています。それに、今の懲役(収容者)は半分近くが覚醒剤がらみらしいですしね。塀の中で知り合ったコたちも、たいていはシャブでした。


覚醒剤で逮捕4回、通算服役12年。あの強盗殺人犯も、某カルト教祖の妻も、放火魔も、みんな同じ塀の中! いじめ、介護、出産、同性愛……獄中のリアルを全部ぶっちゃけます。100人でシャワーを奪い合い、刑務官の派閥争いに巻き込まれ、運動会では大乱闘……! シャブ地獄から生還した元女囚が綴る、“懲りない女たち”の修羅場。


逮捕4回、通算服役12年の私が語る「獄中と覚醒剤のリアル」のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、刑務所犯罪覚醒剤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事