NEW

平均月収12万円台…地下アイドルたちが「儲けられない」過激な撮影会をやめない理由

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 AKB48が“会いに行けるアイドル”を打ち出し、社会現象を巻き起こすほどになったことが大きなきっかけとなり、アイドルとファンとの距離感は一昔前に比べてすっかり様変わりしている。

 AKB48の場合は劇場版CDに握手券を封入しており、ファンが指定の会場に出向くというかたちだが、メディアに露出せず、ライヴを中心に活動している“地下アイドル”の場合、ステージを降りたらすぐに“物販”を行うことが多い。オリジナルのグッズが売られるほか、握手会やチェキ(富士フイルムのインスタント写真)の撮影会、サイン会などを通じて、アイドルとファンが交流するのだ。

 一方、近年では握手会から発展した接触イベントの過激性が問題視されることも少なくない。地下アイドルのなかには、抱擁しながらのツーショットチェキ撮影、半裸となっての“手ブラ”チェキ撮影、“避妊具をくわえてファンと添い寝”といった、耳を疑うような撮影会の事例もある。また、多少毛色は違うが1時間デート券(CD100枚購入特典)といったサービスを用意する地下アイドルもいるという。

 こうしたビジネスや文化はいかにして根付いていったのか。そして、過激化はどこまで進んでいくのか。

 現役の地下アイドルでありながらライター業も行っており、著書に(朝日新聞出版)などがある姫乃たま氏に話を聞いた。

平均月収12万円――6割は地下アイドルで生計が立てられない


 まずは昨今の地下アイドル事情を聞いた。

「アイドルと地下アイドルの区別は難しいですが、私は物販でファンとツーショットのチェキ撮影をしているアイドルが地下アイドルだと定義しています。同じ地下アイドルでも、1枚のチェキを撮るのに500円かかるのか1000円かかるのかというところに、階級の差が出てきますね。

 こうした大手事務所には所属せずに小さなライヴハウスなどで活動する地下アイドルは、全国に数えきれないほど存在します。3年ほど活動して卒業していく人が多いので、常に入れ替わっているということになりますね」(姫乃氏)

平均月収12万円台…地下アイドルたちが「儲けられない」過激な撮影会をやめない理由のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、AKB48地下アイドル姫乃たまの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事