NEW

菅田将暉、「現場であいさつしない」との悪評…他の俳優マネージャーから「仲良くしてほしくない」

【この記事のキーワード】

, ,

菅田将暉
 6月11日、俳優・菅田将暉の父で経営コンサルタントの菅生新氏が大阪府大阪市内で行われた「2018年度 第12回ベスト・ファーザー賞 in 関西 発表・授賞式」に出席した。菅生氏は一般部門で受賞している。その後、17日には同賞受賞者と児童養護施設を訪れ、児童らに向けて勇気付ける言葉を送ったという。


 菅生氏といえば、週刊誌などにもたびたび登場する“出たがりパパ”として有名になりつつあるが、それは菅田の活躍があってこそだ。今年3月、菅田は日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、演技派俳優としての地位を確立した。これまでも数え切れないほどの賞を受賞しており、今後も期待は高まる一方だ。しかし、残念な面があるとすれば、時おり見せる“気をつかえない”一面だろう。

「何度か撮影で菅田さんと一緒になったことがありますが、『年齢のわりに、気をつかえないのかな』という印象があります。特にスタッフに横柄な態度を取るわけではないですが、基本的にあいさつはなかったですね。でも、売れっ子ゆえの多忙さで疲れも相当あるでしょうし……」(芸能事務所関係者)

 また、こんな話もある。

「以前、菜々緒さんとのお泊りデートが週刊誌に撮られたことがありますが、その件も含めて、事務所にはプラベートのことで注意されているようです。でも、菅田くんは反抗的な態度は取らず、とはいえ受け入れようともせず、注意されたことについて淡々と持論を語るそうです」(テレビ局スタッフ)

 過去には、仲の良い俳優仲間のひとりである山崎賢人と遊びに行った際に「山崎のマネージャーから注意を受けた」とラジオ番組でこぼしていたこともある。実際、若手俳優のマネージャーたちからは「仲良くしてほしくない同世代タレント」として、菅田や間宮祥太朗などの名前がたびたび挙がるという。

「この2人は遊び好きのツートップと聞きますが、タイプは少し違っているようです。間宮さんは大人数でワイワイやるタイプで、菅田さんは個人プレー。売れっ子で実力のある俳優は遊んでナンボという気もしますが、最近は遊び相手のマネージャーから注意を受けるんですね。厳しいものです」(前出の芸能事務所関係者)

 売れっ子街道を爆走する菅田の快進撃は、どこまで続くのだろうか。
(文=編集部)

菅田将暉、「現場であいさつしない」との悪評…他の俳優マネージャーから「仲良くしてほしくない」のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、俳優菅田将暉菜々緒の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事