NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

あぁ暑い!夏に効く!10分で劇的に眠気&だるさ吹き飛ばし&集中力高める秘策

【この記事のキーワード】

, ,

「Gettyimages」より

 少々前のデータですが、OECD(経済協力開発機構)が世界29カ国、15~64歳を対象として行った平均睡眠時間に関する報告(2014年)によると、日本は韓国に続いて2番目(7時間43分)に睡眠時間が短かったそうです。
 
 このように、もともと睡眠時間が短い日本人ですが、季節的にも暑さが本格化しつつあり、寝苦しい夜になってきましたし、寝不足を感じている方も多いのではないでしょうか? 寝不足だとやる気も出ませんし、体もだるくなります。ひいては、仕事もはかどらなくなります。

 そんなときにオフィスで欲しくなるのは、冷えたアイスコーヒーですよね。でも少し待ってください。もちろんコーヒーも効果があるのですが、実は、睡眠不足にはコーヒーよりも効果的なことがあります。それは、階段をつかった昇降運動です。意外に感じる方も多いと思うのですが、これはコーヒーのカフェイン摂取以上に、集中力アップ、気分転換、リラックス効果を得られるのです。

 この研究は、アメリカのジョージア大学の研究チームが学術誌「Physiology and Behavior」に発表したもので、コーヒーを飲むよりも、身近な場所で10分間の階段の昇降をしたほうが、眠気覚ましに効果があり、活力も得られるということを明らかにしました。コーヒー1杯には大よそ50mgのカフェインが含まれますが、そのカフェインの効果よりも、運動のほうが効果的なのです。また、コーヒーによるカフェイン摂取の効果は、プラセボ(偽薬)を摂取した場合と大差がないということもわかってしまいました。

 この実験に参加したのは、毎晩の平均睡眠時間が6.5時間程度で、カフェインを普段から摂取する傾向がある女子大生18人でした。この被験者たちに、一般的なオフィスの勤務を想定し、立ち上がって運動をする頻度がほとんどないという環境で、1日中パソコンの前に長時間座って、言語能力や認知能力を必要とする作業をしてもらいました。そして、日の間隔を空けて参加者に、(1)カフェインを摂取する、(2)プラセボを摂取する、(3)階段の昇降運動をする(30階分を10分かけて上り下りする)という3パターンの行動をしてもらいました。その結果、運動をしたときには作業に対するモチベーションが向上するということがわかったのです。

 つまり、たった10分間階段を上り下りするような簡単な運動でも、活力を向上させ、自身の感情のエネルギーを強化できるということがわかったのです。

あぁ暑い!夏に効く!10分で劇的に眠気&だるさ吹き飛ばし&集中力高める秘策のページです。ビジネスジャーナルは、連載、寝不足平均睡眠時間眠気覚ましの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事