NEW

パチンコ業界「出玉規制」「倒産ラッシュ」……「激動」の1年を振り返る2017年プレイバック!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ業界2017年プレイバック! 「出玉規制」「倒産ラッシュ」......「激動」の1年を振り返るの画像1

 パチンコ業界にとって、今後の変化を予感させる「大きな動き」が引き起こされた2017年。そんな激動の1年を、特に話題になった出来事を中心に振り返ってみたい。

激震の出玉規制! 衰退を確実視する声が続出

遊技人口の大幅な激減も避けられない!?

 警察庁が7月に、ギャンブル依存症対策として発表したパチンコ・パチスロの規則改正案。

 今回の規制は、出玉性能の抑制が最大の特徴だ。出玉を現行の3分の2までに抑え、標準的な遊技時間(4時間)で獲得できる出玉の上限は”5万円以下”に制限。もうけの上限を引き下げ「負けを取り戻そう」という思いを抑制することが狙いとなっている。

 特に厳しい状況に陥りそうなのはパチスロだ。ART機だけではなく、『ジャグラー』のような射幸性の低いノーマル機にも影響を与える絶望的な中身と言えるだろう。

 パチンコも大きな影響を受けるが「変化を遂げる転機になる」との声も存在。その理由として、今回の規制ではパチンコにも「設定」を導入できるという内容が盛り込まれた点が挙げられる。新たな楽しみ方が生まれる可能性に、期待する意見も上がっているようだ。

 なお、今回の規制に関しては7~8月にかけてパブリックコメントの募集が実施されていた。合計で1万4838件もの意見が寄せられたにも関わらず、結果として寄せられた意見が反映されることはなく、ほぼ当初案通りの改正となった点に不満の声が続出した。

熱視線が注がれる「みなし機」撤去問題

 今回の規制に伴う問題として注目を集めるのは「みなし機」の取扱いだ。

 みなし機とは、5号機のなかでも6年(検定期間3年、認定期間3年)の検定期間が過ぎている遊技機。検定切れ、認定さえも切れている機種が当てはまる。

パチンコ業界「出玉規制」「倒産ラッシュ」……「激動」の1年を振り返る2017年プレイバック!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

www.np.com.ua/teplovoe-oborudovanie/stoly-teplovye.html