NEW

JRA池添謙一騎手に「移籍」疑惑が浮上!? 「エージェント外れる」情報を入手で、以前から囁かれた件とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA池添謙一騎手に「移籍」疑惑が浮上!? 「エージェント外れる」情報を入手で、以前から囁かれた件とはの画像1

 JRA池添謙一騎手の周辺が騒がしい。

 池添騎手といえば、JRAきっての「勝負強い男」で有名だ。今年も乗り替わったレーヌミノルでいきなり桜花賞を勝利するなど重賞74勝、そのうちG1は23勝と無類の「大物食い」として知られる。2011年クラシック三冠を制したオルフェーヴルも印象的だ。

 そんな池添騎手だが、今年は桜花賞を勝利したきり重賞勝利はなし。もともとリーディングを争うような勝利数を上げるジョッキーではないのでそこはさほど変化がないが、派手さが目立つ同騎手としてはやや物足りない部分もあっただろう。やはりこれもM.デムーロ、C.ルメールというJRA外国人騎手台頭のしわ寄せなのだろうか。

 そんな池添騎手だが、エージェントに関し「変化」があるという情報を得た。

「池添騎手のエージェントをしていた人物が、担当を外れるのでは、という情報が入ってきました。来年以降別の騎手のエージェントをやるため、という話も出ていますね。新たなエージェントになれば、池添騎手の乗り馬にも一定の変化があるかもしれません」(記者)

 2017年はJRAの「エージェント改革」が大きく騒がれた1年でもあった。一時は「兼業エージェント廃止」という声もあったが、馬券購入禁止など結局は問題の根本を解決できない結論に至っている。その辺の事情もあってのこの情報なのかどうなのか。

JRA池添謙一騎手に「移籍」疑惑が浮上!? 「エージェント外れる」情報を入手で、以前から囁かれた件とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Facebook ads progressive.ua
surrogate

продление секса