NEW

『紅白口パク合戦』元凶ジャニーズ社長の言葉に激怒多数? その上「五輪忖度」も......

【この記事のキーワード】

, ,

『紅白口パク合戦』元凶ジャニーズ社長の言葉に激怒多数? その上「五輪忖度」も......の画像1

 昨年12月31日に放送された『NHK紅白歌合戦』。平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が前半(第1部)は35.8%、後半(第2部)は39.4%と歴代ワースト3位とイマイチもいいところだったが......。

 ジャニー喜多川社長が2日、昨年の『紅白』に持論を展開したのだが......。

 ジャニー氏は「年寄りも欲しい。『NHKはいいのかな?』と思った。素晴らしい演出してらっしゃるけども、紅白はおじいちゃん、おばあちゃんも『わぁー』って言って」と、番組づくりが年配者向きではないと発言した。

 しかし、その意見に対しネット上では反発が多数。「おたくのアイドルが出過ぎ」「司会までジャニーズじゃん」など、その元凶がジャニー喜多川氏が統べるジャニーズ事務所にあるのではという声が非常に多い状況だ。確かにジャニーズアイドルはすでに5組も出演しており、多すぎるという考えが出ても当然かもしれない。

 また、TOKIOが2020年の東京五輪の競技場の工事現場に訪問したことが「五輪忖度」と、2年後の五輪に向けたジャニーズ事務所の策略が透けて見えるなんて指摘も。確かに大トリがゆず「栄光の架け橋」という点からも、五輪への意識が必要以上に高いことがうかがえたが......。

『紅白口パク合戦』元凶ジャニーズ社長の言葉に激怒多数? その上「五輪忖度」も......のページです。GJは、エンタメ、ジャニーズ五輪紅白の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

別れさせ屋

http://topobzor.info

farm-pump-ua.com/testover-s.html