NEW

JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に

【この記事のキーワード】

, ,

JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら......処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉にの画像1

 4日、木幡育也騎手が、3月13日まで騎乗停止となったことがJRAの発表で明らかになった。

 木幡騎手は昨年14日、日本中央競馬会競馬施行規定第147条第20号「競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者」(抜粋)に抵触する行為で騎乗停止となっていたが、期間は定まっていなかった。昨年3月にも禁止薬物「フロセミド」検出によって騎乗停止になっており、立て続けの醜聞となっている。

 内容としては、昨年現役を引退した平野優騎手の送別会で、飲酒、喫煙をして泥酔状態になったというのが実状らしい。連続での不祥事にファンからも厳しい目が向けられたが、結果は「3カ月の騎乗停止」ということになった。

 ただ、この決定に対しファンはまったく納得していない様子である。

「『甘すぎる』『追放しろ』『もういらない』『プロ意識の欠如』など、当然ながら厳しい意見が後を絶ちません。禁止薬物、飲酒喫煙と反省の色は確かに見えませんからね。木幡といえば親兄弟も現役で有名ですが、彼らにも影響が出ないとも限りません。

また、父親である木幡初広騎手への批判もありますよ。『親ならやめさせろ』『なあなあ家族』とこちらもひどいいわれようです。悪影響が家族にまで及ぶ現状、やはり身を引くべきのようにも思います」(競馬ライター)

JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

http://farm-pump-ua.com

profvest.com/2018/01/jsrenthouse-hyip-otzivi-obzor.html

тестостерон пропионат