NEW

JRA藤田菜七子「功労者切り捨て」で成績向上!? 根本調教師「マジギレ」事件が吉と出た?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA藤田菜七子「功労者切り捨て」で成績向上!? 根本調教師「マジギレ」事件が吉と出た?の画像1

 2018年はすでに2勝をあげるなど順調なスタートを切った藤田菜七子騎手。その躍進は本人の騎乗技術の上昇もあるが、なによりも昨年末に新しく契約を結んだ騎乗仲介者、いわゆるエージェントN氏の力が大きいとされている。

 N氏は戸崎圭太騎手、内田博幸騎手らも担当している敏腕エージェント。N氏と契約したあと、菜七子騎手は乗鞍数も大幅に増加し、社台グループの馬にも騎乗するなど目に見えて馬質が向上した。

 菜七子騎手の環境を一変させたエージェントの変更。影響の大きさに驚かんばかりだが、この交代は前もって検討されていたものではなく、前エージェントと彼女が所属する厩舎の根本康広調教師の間に起こったトラブルが遠因にある「突発的なもの」だったと「アサヒ芸能」(徳間書店)が報じている。

 菜七子騎手はフリーではなく根本康広厩舎に所属しているため、厩舎の都合が優先されるのは当然。だが、あるときに前エージェントと彼女が他厩舎からの騎乗依頼を根本調教師に報告し忘れたことがあったという。その時は大事には至らなかったものの、もしダブルブッキングとなれば厩舎の信用問題に発展する恐れもある。そのため、報告をしなかったふたりに根本調教師は怒り心頭だったそうだ。

JRA藤田菜七子「功労者切り捨て」で成績向上!? 根本調教師「マジギレ」事件が吉と出た?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

www.avtopoliv-gazonov.kiev.ua

www.velotime.com.ua

источник best-cooler.reviews