NEW

JRAの断固「お決まり決着」に唖然......C.ルメール騎手「騎乗停止」にも関わらず「ハナ差」さえ入れ替わらない降着制度の意味は?

【この記事のキーワード】

, ,

JRAの断固「お決まり決着」に唖然......C.ルメール騎手「騎乗停止」にも関わらず「ハナ差」さえ入れ替わらない降着制度の意味は?の画像1


 27日の東京競馬で、9日間の騎乗停止処分を受けたC.ルメール騎手が話題になっている。

 ルメール騎手は2月3日から11日までの競馬開催4日間で騎乗停止。東京新聞杯(G3)のアドマイヤリードや、京都記念(G2)に出走予定のレイデオロに騎乗できない事態となった。なお、レイデオロの"代打"はD.バルジュー騎手が務めるようだ。

 昨年末の騎乗停止処分でルメール騎手は、2週前に復帰したばかり。この日、4連勝を含む6勝と2年連続のリーディング奪取に向け、ようやくエンジンが掛かってきた矢先での出来事だった。さらに28日の根岸S(G3)でコンビを組む予定だったベストウォーリアが、右後肢のフレグモーネで出走回避。ルメール騎手にとっては踏んだり蹴ったりの1日だったのかもしれない。

 これらの事実も競馬ファンの間で大きな話題となったが、その一方でルメール騎手が騎乗停止処分を受けた東京4レースの「決着」も話題を呼んでいる。

 東京4レース(3歳・500万下)で1番人気のギャラッドに騎乗していたルメール騎手だったが、最後の直線で内側に斜行。2着馬ブラックデビルに、もたれかかる様な格好のままゴールした。

 無論、ゴール直前という極めてデリケートな地点でのアクシデントだけに、ルメール騎手の騎乗が審議の対象となるのは当然だ。しかし、ルメール騎手が騎乗停止処分を受けるほどの不利があったにもかかわらず、お決まりの「到達順位通りの決着」では少々違和感が残ると述べざるを得ない。

 ちなみに審議があったにもかかわらず、到達順位通りの決着となるのは、JRAの審議委員が「仮に不利がなかったとしても、着順が入れ替わることはなかった」と判断した場合にのみ限られている。

 しかし、今回1着馬と2着馬の最終的な着差は「ハナ差」である。つまり、JRAは仮に今回の不利がなくとも、このわずか数センチの差がひっくり返らないと判断したということだ。

JRAの断固「お決まり決着」に唖然......C.ルメール騎手「騎乗停止」にも関わらず「ハナ差」さえ入れ替わらない降着制度の意味は?のページです。GJは、競馬、JRAルメール騎乗停止の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

там ka4alka.com.ua

здесь

Мы предлагаем заказать и Тренболон Ацетат купить в любом городе.