NEW

【共同通信杯(G3)展望】大器・武豊グレイルが「皐月賞馬当確レース」へ出陣!? 良血馬揃いのクラシック戦線で「第2のキタサンブラック」出現か

【この記事のキーワード】

, ,

【共同通信杯(G3)展望】大器・武豊グレイルが「皐月賞馬当確レース」へ出陣!? 良血馬揃いのクラシック戦線で「第2のキタサンブラック」出現かの画像1

 11日は東京競馬場で、第52回共同通信杯(G3)が開催される。

 ここ6年で勝ち馬3頭が皐月賞馬に輝いている出世レース。それも2012年ゴールドシップ、2014年イスラボニータ、2016年ディーマジェスティと「隔年」で出現しており、順当に行けば「今年の勝ち馬は、そのまま皐月賞馬」になるかもしれないだけに要注目のレースだ。

 天才・武豊にディープインパクト以来、4度目の皐月賞をプレゼントするか――。噂の大器グレイル(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎)がここを始動戦に定めてきた。

 デビュー戦こそ不良馬場に苦しみクビ差の辛勝となったが、2戦目の京都2歳S(G3)で真価を発揮。中団からレースを進めると、最後の直線でややモタついたものの差し切り勝ち。それも相手は後のホープフルS(G1)覇者のタイムフライヤーであり、最後の直線で一度は先頭に立つ勝ちパターンを覆しての"逆転勝利"だけに価値が高い。

 休養明けとなる今回だが、じっくりと乗り込まれ1週前追い切りでは、併せ馬に5馬身先着と順調な仕上がりを見せている。まだキャリアが浅く、エンジンが掛かるのが遅いので直線の長い東京コースはプラスか。評判馬の多い今年の3歳牡馬クラシックの中心に名乗りを上げる時が来た。

 そんなグレイルに待ったを掛けたいのが、G1・3着の実績があるステイフーリッシュ(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

【共同通信杯(G3)展望】大器・武豊グレイルが「皐月賞馬当確レース」へ出陣!? 良血馬揃いのクラシック戦線で「第2のキタサンブラック」出現かのページです。GJは、競馬、グレイル共同通信杯武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

раскрутка сайтов в интернете

Наш классный веб сайт на тематику www.steroid.in.ua.
www.farm-pump-ua.com/anastrozol.html