NEW

JRA「問題児助手」が武幸四郎厩舎に移籍決定! 超一流の父の血を継ぐ「優秀2世」の素顔とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA「問題児助手」が武幸四郎厩舎に移籍決定! 超一流の父の血を継ぐ「優秀2世」の素顔とはの画像1

 きさらぎ賞(G3)で逃げ粘りを見せたサトノフェイバー(牡3歳、栗東・南井克巳厩舎)。クラシック候補とされたダノンマジェスティを歯牙にもかけない強さを見せたこともあり、評価は急上昇している。

 サトノフェイバーはデビュー戦もスタートから逃げ、2着に3馬身差をつけて快勝。関係者の間では"南井厩舎の秘密兵器"とも称されていた。今回の勝利で同馬の実力が証明されたこともあり、さぞ南井厩舎は歓喜に包まれている......かと思いきや、内部では不穏な動きがあるという。

「克巳調教師の息子で、元ジョッキーの調教助手が南井厩舎を離れるんですよ。以前からこのふたりの関係は良好とは言えなかったようですが、とあるきっかけで爆発。これが決定打となり、結果的に3月一杯で息子が厩舎から出て、4月から新規開業される厩舎に転厩することになったみたいです」(現場記者)

 この調教助手は騎手時代、体重調整でレースに出走できなくなるなどプロ意識に欠ける行動を多々していたという。それらの悪評が影響しため、馬主や関係者たちから敬遠されてしまい乗鞍が激減。結果、引退して調教助手へ転向したともウワサされていた。

「現役時代は評判が悪かったものの、調教助手としての才能は確かなものがあり、彼を知っている者は口を揃えて『優秀』と評していました。彼は3月末まで南井厩舎所属ですが、『やめるまでの間に勝てる馬はすべて勝たせる』とやる気満々。彼が離れるまでは南井厩舎の馬が、レースで好成績を残せるのではないかと関係者間でささやかれています」(前出・同)

 南井厩舎は2月1週終了時点ですでに7勝。昨年のこの時期に2勝、一昨年前は0勝だったことを考えると異例のハイペースだ。これも南井調教助手が気合いを入れて稽古をつけたことが影響をしているのかもしれない。

JRA「問題児助手」が武幸四郎厩舎に移籍決定! 超一流の父の血を継ぐ「優秀2世」の素顔とはのページです。GJは、競馬、サトノフェイバー南井克巳厩舎武幸四郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Мы предлагаем заказать и xn--e1agzba9f.com по вашему желанию, недорого.
velotime.com.ua/category/elektro-velosipedy/

in detail best-cooler.reviews