NEW

パチンコ新台「衝撃タイトル」で登場も不安が相次ぐ......出玉規制で残る手立て「表現方法」も規制される懸念要素

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新台「衝撃タイトル」で登場も不安が相次ぐ......出玉規制で残る手立て「表現方法」も規制される懸念要素の画像1


 現在、ホールを席巻する『CRF戦姫絶唱シンフォギア』『CRFフィーバー機動戦士Zガンダム』を輩出したSANKYOから、異例の新機種が登場予定だ。

 その名も、オリジナルコンテンツ『CRフィーバーR-18』。

 アニメ版権とのタイアップ機が目立つSANKYOが、満を持して販売する"新コンテンツ"に熱い視線が注がれている。

『CRフィーバーR-18』(SANKYO)

■大当たり確率:1/239 → 1/87.7
■確変突入率:ヘソ・電チュー100%
■ST継続率:約60%
■電サポ回数:80回転まで
■最大出玉:約1920個
■賞球数:4 & 1 & 3 & 12

 本機種の気になるスペック面や演出に関しては、パチンコ・パチスロ新機種情報サイト「777(スリーセブン)」が報じている。

 スペックは、ライトミドル、確変突入率100%と遊びやすさを追求した安心スペック。それだけでなく、ヘソ当たり時の42.5%、電チュー時の50%が1920個を獲得できる出玉感も味わえる仕様だ。

 そして本機最大の魅力は、機種名に「R-18」と名付けられているように、男性の心を刺激するフェチ映像が楽しめる点。

 演出のところどころに、女性の魅力的なシーンを搭載。フェチ映像を堪能できる「フェチリーチ」のパターン数はなんと20種類以上にも及び、男性ファンにとって注目の1台となっている。

 その他、ST中の演出モードは、ボタン押下系の「ランニングモード」、一発告知系の「ラウンジモード」、図柄煽り系の「ストーリーモード」、ステップアップ演出系「夏の夜モード」の4種類から自由に選択が可能とのことだ。ユーザーを飽きさせない納得の仕上がりといえるだろう。

 そんな異例ともいえる新機種にファンからは「どんな演出か気になる」「これは打つしかない」との声が上がっている状況だ。 いま勢いに乗るSANKYOからの登場となれば、注目を浴びるのは当然といえるが......。

 懸念される要素があるのも確かである。本機種は女性の魅力を集めた1台。それが、かつて警察庁が指摘した「性的演出」に底触するのではないか、という点だ。

パチンコ新台「衝撃タイトル」で登場も不安が相次ぐ......出玉規制で残る手立て「表現方法」も規制される懸念要素のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、CRフィーバーR-18SANKYO規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Вы можете Оксавер купить по вашему желанию, недорого.
Вы можете https://steroid.in.ua недорого с доставкой.
best-cooler.reviews/welcome-taiga-coolers-cheap-price-and-high-end-features-together/