NEW

武豊ダイアナヘイロー「福島厩舎有終の美」へ出陣! 惨敗続きも「3度目の正直」へ陣営も気合満点

【この記事のキーワード】

, ,

かつて「動物虐待」と抗議された調教師が武豊と最後のG1へ。社畜ダイアナヘイローに受け継がれる「技術」と「信念」の画像1

 25日(日)に阪神競馬で行われる阪急杯(G3)。昨年の最優秀短距離馬レッドファルクス、まだ底を見せていないフランケル産駒のモズアスコットなど、快足自慢の馬たちが鎬を削る。その戦いでなんとか存在感を示したいのが、ダイアナヘイロー(牝5歳、栗東・福島信晴厩舎)だろう。

 昨夏、武豊騎手とコンビ結成後に破竹の勢いで条件戦を勝ち抜け、ついには北九州記念(G3)で待望の重賞初制覇も達成。だが、続くスプリンターズS(G1)では15着と惨敗。今年の始動戦であるシルクロードS(G3)で立て直しを図りたかったはずだが、最後の直線に入るやいなや手応えがなくなり、ここでも16着と惨敗。昨年の夏に見せた輝きは今や風前の灯だ。

「同馬を管理する福島信晴調教師が今月末で引退しますので、今回の阪急杯が重賞制覇のラストチャンス。当初、主戦の武豊騎手は同日に開催される中山記念(G2)にエアスピネルで参戦予定だったため、ダイアナヘイローへの騎乗はかなわないものと思われていました。

 ですが、エアスピネルが故障でレースを回避。そのため、今回も武豊騎手とダイアナヘイローはタッグを結成してレースへ向かうことになりました。エアスピネル陣営は気の毒ですが、この流れを見る限り、ダイアナヘイローは"持っている"気がしますね」(現場記者)

 重賞を2度も二桁着で終わるなど、惨敗が続いているダイアナヘイローの評判は芳しくはない。今回は"3度目の正直"で勝利を目指す。

武豊ダイアナヘイロー「福島厩舎有終の美」へ出陣! 惨敗続きも「3度目の正直」へ陣営も気合満点のページです。GJは、競馬、ダイアナヘイロー武豊阪急杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Сashbery платит

Спорт Трейдс mmgp

http://medicaments-24.com