NEW

【阪急杯(G3)展望】前走のリベンジに燃えるモズアスコット!短距離路戦の王者を目指す戦いの始まりは見逃し厳禁!?

【この記事のキーワード】

, ,

【阪急杯(G3)展望】前走のリベンジに燃えるモズアスコット!短距離路戦の王者を目指す戦いの始まりは見逃し厳禁!?の画像1

 今週からは阪神競馬場へと舞台が変わるが、開幕週の良い馬場状態で行われるのが阪急杯(G3)だ。優勝馬には高松宮記念(G1)への優先出走権が与えられる重要な前哨戦の1つで、今後の短距離戦線をリードしていく馬が誕生するかにも注目したいところ。

 その中でも特に期待を集めるモズアスコット(牡4、栗東・矢作厩舎)が今年の短距離戦での飛躍を目指す。デビューは遅かったが2000m、1800mのレースへと出走していたように中距離戦での活躍を目指す意図が陣営にはあった。しかし僅差で敗れるレースが2戦続いてしまったため、距離を短縮してマイル戦へと路線変更。そのレースでは中盤から積極的に仕掛けていくと後続を突き放しての快勝だった。続く500万下もマイル戦に出走すると、先行策から直線で追われると楽に抜け出して圧勝劇。この2戦でマイル適性の高さを証明してみせたが、更に距離を短縮して挑んだ1400mの三鷹特別(1000万下)、渡月橋S(1600万下)でもしっかりと勝ち切り、路線変更後から無傷の4連勝をしてみせた。

 前走が初めての重賞挑戦となった阪神C(G2)では並みいるG1馬をおさえての一番人気となったが、重賞のレベルの高さを見せつけられる結果となってしまう。ハイペースで進んだレースを中団で進めたが、直線ではいつものキレが無く4着確保が精いっぱい。同じような位置にいた勝ち馬のイスラボニータがしっかりと勝ち切っていることを考えると、やはり「経験」の差が出た結果か。今回は前走とまったく同じ条件での出走となり、巻き返しを狙う上では格好の舞台となる。高松宮記念(G1)への出走を目指すには勝利が欲しい大事なレース。破竹の勢いを見せていた短距離戦での敗北という「経験」を成長に繋げられているか注目したい。

 スプリンターズS(G1)を連覇したレッドファルクス(牡7、美浦・小関厩舎)だが、今年はここから始動する。マイルCS(G1)こそ8着であったが、昨年の成績は5戦2勝、3着2回と安定しており、唯一の着外となった前走も0.4秒差とその差はわずかで、スプリントからマイル戦までをそつなくこなす。今回は休み明けで斤量58Kg を背負う事になるが、果たしてどのようなレースを見せてくれるだろうか。ここが本番ではないという事は誰の目にも明らかだが、能力だけで勝ち切ってしまうこともありえるだろう。

 同じ舞台となる16年の阪神C(G2)を勝利しているシュウジ(牡5、栗東・須貝厩舎)にもチャンスはある。2歳時には小倉2歳S(G3)、3歳時には阪神C(G2)を制した実力馬であるが、昨年は年間を通じて勝利するどころか掲示板すらままならないレースが続いた。5歳となった今年も厳しい戦いが予想されたが、2走前のニューイヤーS(OP)では2着と復調の兆しを見せている。昨年は1番人気となるも8着と大きく負けてしまったレースだが汚名返上することはできるだろうか。

【阪急杯(G3)展望】前走のリベンジに燃えるモズアスコット!短距離路戦の王者を目指す戦いの始まりは見逃し厳禁!?のページです。GJは、競馬、モズアスコットレッドファルクス阪急杯の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

http://cialis-viagra.com.ua

cl24.com.ua

www.alfaakb.com/category/avto-akkumulyatory-forse/