NEW

パチンコ「出玉規制」で「9000店舗」割れの悲劇? パチスロ「5号機問題」を超える恐怖が迫るも......

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「出玉規制」で「9000店舗」割れの悲劇? パチスロ「5号機問題」を超える恐怖が迫るも......の画像1

 2020年にパチンコ店が9000店舗を割ってしまう?

 一般社団法人全国遊技ビジネス振興会(全遊振)が、2月15日に「第6期第2回セミナー」を開催。その際に発表された「2020年には9000店舗を下回る可能性も十分にある」との発言が話題になっている。

 最盛期には約1万8000店を誇ったが、2017年には1万店を割ったことも明らかになったパチンコ業界。全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)の発表によれば、1月も営業店舗数は9,644店舗(前月より37店舗減)とホール倒産はハイペースで進行している印象だ。

 今年2月より出玉規制が強化されたことを考えれば、「2020年には9000店舗を下回る」という意見が出ることも納得できる。業界にとって忘れられない"悪夢"の再来も十分にあるだろう。

「パチスロ4号機の撤去によって起きた『5号機問題』ですよね。4号機の強烈な出玉性能に麻痺していたユーザーから、当初の5号機は全く支持を得られませんでした。パチンコに流れるならいいですが、ホールへ足を運ばなくなってしまったユーザーも多くいましたよね。

結果として入れ替え費用を負担した上に、集客数が大幅に下がってしまったことで経営が困難になったホールが続出してしまいました。倒産件数が過去最高の水準になったあの時代は、業界にとって"悪夢"と呼べるでしょう。何とか5号機はAT機の登場などによって持ち直しましたが、今回の出玉規制はアノ時より厳しい感じがします」(記者)

 出玉が大幅に見直された新時代へ突入するパチンコ業界。これまでも同業界は大きな壁にぶつかってきたが、現在の深刻度は「これまでとは比にならない」とも言われている。

「5号機問題を超える悲劇」が訪れる可能性も否定はできないが......。

パチンコ「出玉規制」で「9000店舗」割れの悲劇? パチスロ「5号機問題」を超える恐怖が迫るも......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ出玉規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

читать далее unc-mps.com.ua

источник arbud-prom.com.ua