NEW

JRA松田国英厩舎タイムフライヤーで「時代錯誤」の声に反撃!? "マツクニ流"英才教育でキンカメ、ギムレットに続く「第3の怪物」へ

【この記事のキーワード】

, ,

JRA松田国英厩舎タイムフライヤーで「時代錯誤」の声に反撃!? マツクニ流英才教育でキンカメ、ギムレットに続く「第3の怪物」への画像1
※画像:タイムフライヤー より

 昨年末にホープフルSがG1昇格を果たしたため、今年の牡馬クラシック戦線は日本競馬史上初めて2頭の2歳王者がいる状況だ。

 その内の1頭、朝日杯フューチュリティS(G1)を制したダノンプレミアムは先日の弥生賞(G2)も勝利。改めて「王者」であることを証明すると共に、今年の牡馬クラシック戦線の中心に躍り出ている。

 そして今週末の17日、ホープフルSを制したもう一頭の2歳王者タイムフライヤー(牡3歳、栗東・松田国英厩舎)が皐月賞トライアル・若葉S(OP)から始動する。

 デビュー4戦4勝と無敗のダノンプレミアムとは違い、こちらは5戦3勝。連対率こそ100%だが、決して絶対的な存在ではない。当然ながら、各メディアの現時点での評価は前者よりも下であり、格付けでは弥生賞で上位を賑わせたワグネリアンやジャンダルムにも劣るという声もある。

 実はタイムフライヤーを管理する松田国英調教師は、入厩当初「素質は感じるけど、筋肉の張りは物足りず、緩さが目立つ」とジャッジしていた。2歳馬の中で特別目立った存在ではなかったのだ。実際に8月のデビュー戦では単勝13.6倍。10頭中、4番人気と「中の上」程度の評価である。

 そして案の定、後に札幌2歳S(G3)を勝つ牝馬のロックディスタウンの前に敗れた。

 ただ、タイムフライヤーは身体面こそまだまだ未完成な部分が多かったが、内臓面はしっかりしており、とにかく飼食いがよかったという。それが馬を厩舎で鍛えて強くする「マツクニ流」にハマった。

JRA松田国英厩舎タイムフライヤーで「時代錯誤」の声に反撃!? "マツクニ流"英才教育でキンカメ、ギムレットに続く「第3の怪物」へのページです。GJは、競馬、JRAタイムフライヤー松田国英の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

avtomaticheskij-poliv.com.ua

gefest-sv.kiev.ua

узнать больше www.xn--80aaahqpcuvhvipz6j.com.ua