NEW

JRAの強引な「G1昇格」が仇!? タイムフライヤー単勝1.2倍"2歳王者"惨敗で「ホープフルS組」壊滅......「不要論」再燃か

【この記事のキーワード】

, ,

JRAの強引な「G1昇格」が仇!? タイムフライヤー単勝1.2倍2歳王者惨敗で「ホープフルS組」壊滅......「不要論」再燃かの画像1
※画像:タイムフライヤー より

 まさかの敗戦に呆然とする他なかった......。

 17日に行われた皐月賞トライアル・若葉S(OP)は、8番人気の伏兵アイトーンが逃げ切って優勝。皐月賞への優先出走権を手にすると共に、三連単は491万円を記録する大波乱となった。

 大波乱の「殊勲」が勝ったアイトーンや、11番人気の低評価を覆して3着に好走したロードアクシスであるならば、それを招いた「戦犯」は間違いなく1番人気の"2歳王者"タイムフライヤーということになるのだろう。

 出走唯一の重賞勝ち馬......いや、それどころかJRA(日本中央競馬会)の「G1馬」ということもあって、単勝1.2倍の圧倒的な支持を受けたタイムフライヤー。もう1頭の2歳王者ダノンプレミアムとの頂上決戦に向け、勝ち負けではなく「勝ち方」が問われた一戦だったが、その結果がまさかの5着敗戦......レースぶりは、あまりにも不甲斐ないものだった。

 ハナを切ったアイトーンがそのまま逃げ切り、2番手を追走したタニノフランケルが4着する、どちらかといえば前残りの流れの中、4コーナーでほぼ最後方という位置から大外を回ったタイムフライヤー。到底届かないと思える位置から懸命に追い上げたが、やはり届かずの5着に終わってしまった。

「騎乗したC.ルメール騎手がレース後に『ちょっと太かった』と話したように、馬の方にも問題があるかもしれませんが、それ以上にファンの批判が集まったのは、到底届きそうもない位置のまま最後の直線に入ったルメール騎手の騎乗でしたね。

どうやらスタートで軽い接触があって後方からの競馬になったようですが、終始そのままでした。それでレース後に『ペースも遅かったので前が止まらなかった』と言われてもファンは納得しないでしょうね。

ルメール騎手は、もともと今年のクラッシクを戦うパートナーに関して、翌日(18日)のスプリングS(G2)に出走したステルヴィオと両天秤のような状況。それで、向こうは一転して勝ちに行く競馬で勝利をもぎ取っているだけに、タイムフライヤーの若葉Sは元からやる気のなかった"無気力騎乗"と見られても仕方ないと思います」(競馬ライター)

JRAの強引な「G1昇格」が仇!? タイムフライヤー単勝1.2倍"2歳王者"惨敗で「ホープフルS組」壊滅......「不要論」再燃かのページです。GJは、競馬、JRAタイムフライヤーホープフルSの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

https://progressive.ua

https://220km.com

www.steroid-pharm.com