NEW

高松宮記念(G1)「香港馬」ブリザードを侮ることなかれ!? 課題の左回りを克服できる「2つの理由」と関東地方を襲った季節外れの"サイン"

【この記事のキーワード】

, ,

高松宮記念(G1)「香港馬」ブリザードを侮ることなかれ!? 課題の左回りを克服できる「2つの理由」と関東地方を襲った季節外れのサインの画像1

 今週末25日に行われる春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)で、香港馬のブリザード(セン7歳、香港・P.イウ厩舎)が2度目の日本競馬参戦を果たす。

 ここまで28戦8勝。G1勝ちどころか、重賞勝利は昨年1月の香チャレンジC(G3)だけ。2015年に高松宮記念を制した香港馬エアロヴェロシティと比べれば、ブリザードは実績面で大きく劣る。

 しかし、その能力が日本のスプリント界で十分通用することを証明したのが、昨年のスプリンターズS(G1)だった。

 レッドファルクスが連覇を達成した、このレース。初の日本参戦となったブリザードはゲートで大きく煽り、他馬と接触するなどして、決して順調なスタートではなかった。その後も力んで掛かり気味なっていたが、鞍上のG.モッセ騎手が上手く馬群の中に誘導し、平静を取り戻させている。

 ただ「電撃戦」と言われるほど、あっという間に終わるスプリント戦においては、こうした一瞬のアクシデントが命取りになるケースも多い。しかし、中山の最後の直線を迎えたブリザードは、中団からしぶとく脚を伸ばして0.2秒差の5着とした。

 内からスムーズな競馬をしたレッツゴードンキ、他にもレッドファルクスやスノードラゴンといった日本のスプリント王の末脚には屈したが、スムーズさを欠いたレースで、その底力を存分に見せつける好内容だった。

 さらに昨年12月に行われた香港スプリント(G1)でも、中団外から鋭く脚を伸ばして3着。勝ったミスタースタニングには敵わなかったものの、地元の強豪ラッキーバブルスや日本から遠征したレッツゴードンキを抑えての"馬券圏内"確保という結果は、今回の高松宮記念でも当然驚異の実績である。

高松宮記念(G1)「香港馬」ブリザードを侮ることなかれ!? 課題の左回りを克服できる「2つの理由」と関東地方を襲った季節外れの"サイン"のページです。GJは、競馬、ブリザード香港高松宮記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

http://xn--48jm9l298kilg8rghvi.com

https://poliv.ua

У нашей организации интересный веб портал со статьями про куда выгодно вложить деньги https://zaraz.org.ua