NEW

ダービー卿CT(G3)は波乱必至? 中山のハンディキャップ戦は人気薄馬に「大チャンス」!?

【この記事のキーワード】

,

ダービー卿CT(G3)は波乱必至? 中山のハンディキャップ戦は人気薄馬に「大チャンス」!?の画像1

 春のマイル王決定戦安田記念(G1)へと続く、重要なレースと位置づけられているダービー卿CT(G3)が31日(土)に中山競馬場で開催される。

 今年もマイル王を目指す快足自慢たちが顔を揃えたが、ハンデキャップレースということもあり、人気薄の馬が上位に進出することも少なくないため、荒れることも多いレースとして知られている。今回はその難解なレースを読み解くべく、現場関係者より仕入れた「極秘ネタ」の中から選出した有力馬の情報を紹介していこう。

 ここで復活が期待されるのが、グレーターロンドン(牡6歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

 昨年は重賞に挑戦するも勝利をあげることは出来ず、さらに暮れにはOPクラスのディセンバーSで圧倒的1番人気に支持されるもまさかの3着。不穏な終わり方で1年を締めくくることになった。

 今年の始動は東京新聞杯(G3)。ここで陣営は長らく相棒だった田辺裕信騎手とのタッグを解消して、鞍上に川田将雅騎手を起用。心機一転で好走が期待されたものの結果は9着と惨敗。かつて誰もが重賞制覇を夢見た、あの走りは未だ失われたままとなっている。

「今回は田辺騎手を鞍上に戻して出走。もともと田辺騎手からグレーターロンドンが離れたのは、ディセンバーSでの敗走を『陣営が問題視したから』とも言われている。それで次走からは川田騎手へスイッチ。だけど、あの惨敗だからね。改めてオーナーも『田辺が1番だと感じた』という話もあるよ。

 今回は前目の競馬をする馬たちが揃っているのでレースの流れは早くなりそう。後方一気が武器のグレーターロンドンにとってオイシイ展開になるかもしれないね」(現場記者)

 グレーターロンドンと田辺騎手は復活を遂げ、悲願の重賞制覇を達成することができるのだろうか?

ダービー卿CT(G3)は波乱必至? 中山のハンディキャップ戦は人気薄馬に「大チャンス」!?のページです。GJは、競馬、ダービー卿CT中山競馬場の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Наш важный интернет-сайт на тематику шкафы архивные https://maxformer.com
biceps-ua.com/gonadotropin-5000.html

Optimum Nutrition Opti-Women