NEW

JRA三浦皇成騎手「お粗末コメント」に批判殺到!? 大阪杯(G1)シュヴァルグラン大抜擢も大敗……レース後「放心状態」で口を開くも

【この記事のキーワード】

, ,

JRA三浦皇成騎手「お粗末コメント」に批判殺到!? 大阪杯(G1)シュヴァルグラン大抜擢も大敗......レース後「放心状態」で口を開くもの画像1

 本命視が想定される天皇賞・春(G1)に、不安を残す結果となった。

 1日、阪神競馬場で行われた大阪杯(G1)は1番人気のスワーヴリチャードが、4角先頭からそのまま押し切ってG1・初制覇。その一方で4番人気に支持されていた、昨年のジャパンC(G1)覇者シュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)は13着に大敗した。

 やはり距離が短かったのか……。16頭立てで行われたレースで、まずまずのスタートを切ったシュヴァルグランは中団からの競馬を試みたが、1000mを通過してスワーヴリチャードが早めに先頭に進出。一気にペースが上がったところで、ついて行けなかった。

 まさにスローペースを見越して、早めに勝負を懸けたスワーヴリチャードのM.デムーロ騎手の手腕が光ったレース。だが、その一方でそんな流れに戸惑い、経験の浅さを見せてしまったのが、シュヴァルグランの三浦皇成騎手だったのかもしれない。

 レース後、「変なペースで……」と独特の言い回しで切り出した三浦騎手。

「3、4コーナーで手応えがなくなってしまいました。自分のリズムで競馬ができませんでした」と無念さを噛み殺したが、ペースの変化に対応できなかった騎乗に「変なペースってなんだよ……」「ゲーム感覚か」「これではG1勝てないな」と、レースを観戦したファンからは厳しい声が相次いだ。

JRA三浦皇成騎手「お粗末コメント」に批判殺到!? 大阪杯(G1)シュヴァルグラン大抜擢も大敗……レース後「放心状態」で口を開くものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

そこ xn--48jm9l298kivk3xn9wl.com

https://optiontradingstrategies.net

Мы предлагаем заказать и https://xn--e1agzba9f.com в любом городе.