NEW

JRA最強の「幸運馬主」Dr.コパが語るヤナガワ牧場「大成功」秘話!キタサンブラック、コパノリッキーが誕生したのは「〇〇」のおかげ?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA最強の「幸運馬主」Dr.コパが語るヤナガワ牧場「大成功」秘話!キタサンブラック、コパノリッキーが誕生したのは「〇〇」のおかげ?の画像1

「馬主」――それは華やかな競馬の主役である。単純に馬主であるというだけで社会的なステータスになるほど、その威光は我々大衆にとっては憧れの的だ。

 しかし、実際に馬主として成功できる者は、本当にごく一部にすぎない。基本的には失敗し、時には大きく資産を失うことも珍しくない「お金持ちの"道楽"」だ。だからJRAも個人馬主の資格として「年間所得額が2年連続1,700万円以上」「資産額が7,500万円以上」という、決して優しくはない基準を設けている。

 したがって、馬主の誰もが夢見る「理想」は何百万円の馬が、いくつもG1を勝って何億円も稼ぎ出すことに違いない。だが、理想はあくまで理想......。そう簡単に実現できるはずもない。

 実際に「それ」をやってのけた人物がいる。300万円のラブミーチャンで2億5,000万円を稼ぎ出し、800万円のコパノリッキーで10億円を稼いでしまった男......。

 そう、「日本一陽気な幸運オヤジ」「歩く縁起者」Dr.コパである。

 そこでギャンブルジャーナル編集部は、Dr.コパこと小林祥晃さんを直撃。馬主として奇跡的な成功を積み上げ続ける「秘訣」を伺ってきた。


--------------------------------

Dr.コパ:競馬って、初めから「ギャンブル」じゃない。馬を買う時からそうだよね。お金のある人は億単位の馬を買って勝負できるけど、普通に仕事して馬主になった人は1頭に何億円も出すようなギャンブルはできないよ。

1億円以上の馬を見たら何でもよく見えちゃうし、500万の馬を見ればどうしても悪く見えちゃうのは当たり前。でも、自分で「いくらまで」という値段を決めて、その値段の馬の中で良いか悪いかを探し続けていくと【値段と馬の質のバランスが凄く良いポイント】みたいなものが見えてくるんだよ。

例えば、セレクトセールに出るような社台系の馬でコストパフォーマンスが一番いいのは、たぶん2,500万円くらいだと思う。1億円を超える良血馬が走りやすいのは当然だけど、それでも元を取れるのはおそらく10頭に1頭くらい。つまり(当たりは)10%程度なんだよ。

例えば、日高産の馬はだいだい社台産の1/3から半分程度の値段だけど、仮に社台の馬が2,500万円くらいだとすると、日高だと800万程度になるよね。日高でその辺りの価格帯の馬を探すってことは、社台で最もコスパが良い2,500万円程度の馬を探すバランスと同じなんだ。

ラブミーチャン(獲得賞金2億5840万円)は300万円だったからね(2008年の北海道サマーセールで315万円にて落札)。僕は仕事が建築家だから、そういう計算が得意なんだ。コツは、1つはコストパフォーマンスをよく考えて、効率のいい馬を選ぶこと。そして、もう1つが(日本)ダービーを目指すような馬を選ばないってこと(笑)かな。

――コパさんの活躍馬は、ダートや短距離馬が多い印象。

JRA最強の「幸運馬主」Dr.コパが語るヤナガワ牧場「大成功」秘話!キタサンブラック、コパノリッキーが誕生したのは「〇〇」のおかげ?のページです。GJは、競馬、Dr.コパキタサンブラックコパノリッキーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

https://monaliza.kiev.ua/

В интеренете нашел интересный портал , он рассказывает про Comanche Prairie Fs https://velotime.com.ua/