NEW

ディープインパクト「世界制圧」の一里塚? サクソンウォリアー「ムーアで英ダービー」にかかる期待

ディープインパクト「世界制圧」の一里塚? サクソンウォリアー「ムーアで英ダービー」にかかる期待の画像1

 英2000ギニーを勝利し、ディープインパクト産駒の日本産馬初となる英国クラシック制覇を成し遂げたサクソンウォリアー(牡3歳、愛・A.オブライエン厩舎)。

 素晴らしい偉業を達成したサクソンウォリアーだが、陣営は1冠だけで満足することはなく、続いてR.ムーア騎手を背に英ダービー(G1・芝2400m)へ出走を予定していると表明。さらにセントレジャー(G1・芝2900m)出走も視野に入れているため、英国クラシック3冠を完走する構想もあるようだ。

「日本同様英国でもダービー制覇に思い入れが強い関係者は非常に多い。そのため、サクソンウォリアーのダービー制覇は相当な困難を極めることが予想されます。ですが挑戦する以上、チャンスがあるのも当然。サクソンウォリアーがどこまで偉業を積み重ねることができるのか、今後に期待が集まります」(競馬誌ライター)

 デビュー当初から高い評価を受けてきたサクソンウォリアー。クラシック制覇の経歴も手に入れたことで、評価はうなぎ登り。そして今後の活躍次第ではさらにそれが上昇することも予想される。

「活躍すれば、当然ながら種牡馬入りしてからも重宝されることが予想されます。サクソンウォリアーは、ノーザンファームの吉田勝己代表がアイルランドのクールモアグループから預託されたメイビーの仔です。その吉田氏はサクソンウォリアーの活躍を目にし、『(クールモアグループに)とんでもない種牡馬ができてしまったのかもしれない』と語ったそうです。

 近年、ディープインパクト産駒は種牡馬として海外で注目度が高く、すでに運用されている馬もいますが、サクソンウォリアーにかけられた期待はそれら以上なのは間違いないでしょう。近い将来、ディープインパクトの孫たちが海外で大活躍を繰り広げる可能性もあります」(競馬記者)

 大きな期待がかけられているサクソンウォリアー。ディープインパクトの仔は、今後どのような活躍を繰り広げてくれるのだろうか?

ディープインパクト「世界制圧」の一里塚? サクソンウォリアー「ムーアで英ダービー」にかかる期待のページです。GJは、競馬、サクソンウォリアーディープインパクト英クラシックの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

http://steroid-pharm.com

steroid.in.ua/products/testosteron-tsipionat-malaj-tajger

https://biceps-ua.com