NEW

JRA池添謙一「選択」のワケ? ヴィクトリアマイル(G1)デアレガーロ騎乗が不気味

【この記事のキーワード】

, ,

JRA池添謙一「選択」のワケ? ヴィクトリアマイル(G1)デアレガーロ騎乗が不気味の画像1

 今週末に東京競馬場で行われるヴィクトリアマイル(G1)。今年は出走前からミスパンテールとアエロリットの有力なお手馬を2頭抱えていた横山典弘騎手が、どちらを選択するのかも注目されていた。結局、横山騎手はミスパンテールで挑むことに決まったが、その影でもうひとり騎乗馬の取捨選択を迫られた騎手がいる。池添謙一騎手だ。

 池添騎手も今回のレースで「2つの選択肢」があった。ひとつが今年の始動戦となった中山牝馬S(G3)を勝利し、前走の福島牝馬S(G3)で2着と重賞で連対中のカワキタエンカ。そして、もうひとつが今回騎乗することを選択したデアレガーロ(牝4歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

 デアレガーロは前走の京都牝馬S(G3)で勝ち馬ミスパンテールに0.1秒差の2着と好走してみせた。だがキャリアわずか8戦、さらに重賞未勝利馬だ。これまでの積み上げてきた実績を重視するならば、カワキタエンカに騎乗するほうが勝ちも見えてきそうなものだが……。

「デアレガーロは前走、輸送に時間がかかったため飼い食いも悪くなり万全とは言えない状態だった様子。それにもかかわらずミスパンテールを追い詰め、あわやという走りを見せてくれました。池添騎手にはエージェントがついていますので、本人の意向が騎乗馬の取捨選択にどこまで反映されるのかは不明ですが、それでも少しは考慮されるはずです。池添騎手がカワキタエンカではなく、あえてデアレガーロを選択したのだとしたら、その走りになにかしら光るものを感じた可能性は高いでしょう」(競馬記者)

JRA池添謙一「選択」のワケ? ヴィクトリアマイル(G1)デアレガーロ騎乗が不気味のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Был найден мной популярный блог с информацией про Андропен купить https://steroid.in.ua
biceps-ua.com/gonadotropin-5000.html

Ющенко Виктор Николаевич