NEW

パチスロ「売上高520億円」メーカーから"爆裂機"登場か? 驚愕出玉「◯000枚確定」強烈スペックの可能性

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「売上高520億円」メーカーから爆裂機登場か? 驚愕出玉「◯000枚確定」強烈スペックの可能性の画像1


 今年導入されたパチンコ『FAIRY TAIL』『地獄少女 宵伽』をヒットさせるなど、出玉規制をものともしない名物メーカー・藤商事

 今月11日、同社は平成30年3月期の決算を発表し、経営成績は売上高523.1億円(前年度比58.8%増)、営業利益45.0億円(前年度は22.7億円の赤字)、経常利益42.3億円(同22.8億円の赤字)、純利益25.3億円(同19.4億円の赤字)で、増収増益となった。

 パチンコは看板コンテンツ『リング』を筆頭に「約11万台」を販売。パチスロもホラーシリーズを中心に「2万台以上」を売り上げ、現在高稼働中のアニメコンテンツ機種と合わせると「向かうところ敵なし」の状態だ。

 そんな同社の勢いが止まらない。今月13日、かねてより囁かれていたパチンコ最新作『CRリング 呪縛RUSH』のティザーPVが公開されたのである。

「リング、完全進化」と銘打たれた本機は、シリーズ初の小当たりRUSHを初搭載。筐体下部に「貞子の手役物」が搭載され、貞子と"恋人繋ぎ"ができるユーモア溢れる筐体に変貌を遂げて登場する。同社が誇る看板コンテンツだけに、本機の仕上がりは十分期待できるだろう。藤商事の快進撃は終わりそうにない。

 ただ、パチンコを主力製品とするメーカーであることは周知の事実であり、相対的にパチスロへの関心はあまり高いとは言えない状況だ。

 実際、平成30年3月期決算の販売台数を見れば、パチンコに比べてパチスロは1/5以下のシェア率。それに加え、現在も販売可能な「5.9号機」は、最大1500Gの「出玉リミッター搭載」が義務付けられるなど、パチスロ市場は低迷が続けている。それらを考えれば、藤商事製パチスロの活躍は大変厳しいように感じられるが......。

パチスロ「売上高520億円」メーカーから"爆裂機"登場か? 驚愕出玉「◯000枚確定」強烈スペックの可能性のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ沖スロ藤商事の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!