NEW

パチスロ「出玉規制」全てを覆す「驚愕スペック」のウワサ...... 「純増○○枚」出玉リミッターの常識破る「激ヤバ仕様」の真相

【この記事のキーワード】

,

パチスロ「出玉規制」全てを覆す「驚愕スペック」のウワサ...... 「純増○○枚」出玉リミッターの常識破る「激ヤバ仕様」の真相の画像1

 

 主にボーナスの最大獲得枚数が480枚から285枚へ、出玉率が119%から115%に引き下げられたパチスロ新規則「6号機」。

 今年2月から施行された新規則だが、同時期にメーカー間で取り決める内規「自主規制」が緩和されたことにより「高純増AT機」の開発が可能となった。機種開発の難航が予想されていたメーカーにとって「一安心」といったところだろう。

 しかし、現在も販売可能な「5.9号機」は、無論緩和前のルールに準じたパチスロ機でなければならない。

 AT機の開発が不可能なことはもちろん、「6号機」でも適用される出玉リミッター機能「有利区間」が存在。ART(抽選含む)は最大1500Gで終了、枚数で換算すると「3000枚」で強制的にリセットされてしまう。大量出玉を封じ込める極めて厳しい「出玉規制」に多くのプレイヤーから悲しみの声が絶えない状況だ。

 これまで「有利区間」搭載が義務付けられたART機でヒット機種はごくわずか。旧基準機時に高い支持を得た『ゴッドイーター』『戦国コレクション』でさえ、厳しい評価が下されたのである。「出玉リミッター」と「ART機」との相性を疑問視する声は多いが......。

 一部関係者の間で「5.9号機」の常識を覆す、かつてない性能を搭載した新機種の話題が浮上中だ。

パチスロ「出玉規制」全てを覆す「驚愕スペック」のウワサ...... 「純増○○枚」出玉リミッターの常識破る「激ヤバ仕様」の真相のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機パチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!