NEW

パチスロ「規制の影響なし」「AT機に匹敵」性能!? 営業利益「101.2%増」メーカー破竹の進撃も

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「規制の影響なし」「AT機に匹敵」性能!? 営業利益「101.2%増」メーカー破竹の進撃もの画像1

 平成30年度3月期における遊技機販売で売上高が前年度比5.9%増の「862億2,000万円」、営業利益は同101.2%増の「101億8,100万円」と大きく利益を伸ばしたSANKYO。

 昨年リリースした『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』は、中古機価格が3月に「92万6438円」にまで上昇。増産も決定するなど、今なおホールを盛り上げている存在だ。その後にリリースした機種も好稼働を見せるなど、同社はパチンコ分野でずば抜けた存在感を放っている。

 そんな業界のリーディングカンパニーが、2018年はパチスロ分野においても活躍を見せそうな気配だ。

「7月にリリース予定のRT機『パチスロ トータル・イクリプス』を、有利区間最大1500Gの影響を受けないということで注目している方が多いようです。そこは5.9号機の弱点ですから。RT機であっても設けなければならない機種もありますが、サミーさんのGRTタイプのように該当しない機種は評価を得ているケースが多いですからね」(パチスロライター)

 指示機能を制限する「有利区間」が搭載されていない本機は「240枚のビックボーナス」「最大125枚のチャージモード」という2種類のボーナスで構成されている。

 ビックボーナス終了後は「RTのゲーム数」を決めるCZに突入。その間に発生するカットインの停止出目によってゲーム数は変化し、最大は「400G」となっている。※(100G・200G・400Gの3パターン)

 そんな本機の「強烈な性能」が話題だ。

「RTは獲得したゲーム数を完走するか、RTループが確定するBIGに当選するまでは終わりません。BIG確率は全設定共通のため、設定不問でRTループに期待できる仕様ですね。

ユニバさんの『ゆるせぽね』も前代未聞の『700GのRT』で話題になっていますが、ループとボーナス貫通型RTで出玉を増やす本機の性能のほうが強力だと思いますね」(同)

パチスロ「規制の影響なし」「AT機に匹敵」性能!? 営業利益「101.2%増」メーカー破竹の進撃ものページです。GJは、パチンコ・パチスロ、シンフォギアパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!