NEW

安田記念、過去20年で1番人気馬はわずか5勝の衝撃...今年も有力馬に不安要素が浮上

【この記事のキーワード】

, ,

安田記念、過去20年で1番人気馬はわずか5勝の衝撃...今年も有力馬に不安要素が浮上の画像1
競馬場には多くのファンが訪れている

「オークスもダービーも外した。安田記念で取り戻したい」

「春競馬の馬券は惨敗。安田記念で取り戻すには何を買えばいいの?」

 そんな悲痛な声が日本中で聞かれている。今年の春競馬は全体的に難解なレースが多かった。1番人気馬はほとんど勝てず、人気薄馬の好走で万馬券が連発し、多くの馬券が紙くずとなった。WIN5では1億円馬券も飛び出したほどだ。

 今週末には、春競馬を締めくくる大一番の安田記念が開催される。春競馬で負けが込んでいるファンや、東京優駿(日本ダービー)で不的中だった人は、その負け分を取り返すために、日本ダービーを的中させた人はその払戻金をさらに増やすためにも、この安田記念は絶対に見逃せないレースである。

 人気馬の好走が目立つ日本ダービーや優駿牝馬(オークス)と違い、安田記念はとことん荒れるレースだ。過去を見ても、高額万馬券がズラリと続いている。1番人気馬は過去20年でわずか5勝の勝率25%、かつては10年連続で1番人気が敗退なんてこともあった。日本ダービーの1番人気は過去20年で11勝の勝率55%だから、その差は歴然である。

 今年は1番人気が予想される大阪杯優勝馬・スワーヴリチャードがデビュー以来初のマイル(1600m)戦で、その力量は未知数だ。また、鞍上のミルコ・デムーロは、ヴィクトリアマイルとオークスで人気馬に騎乗しながら、ともに凡走と不調の様子。さらに、香港からの刺客も出走し、前哨戦の京王杯スプリングカップは7万馬券が飛び出す波乱の結果となった。昨年は7番人気のサトノアラジン、一昨年は8番人気のロゴタイプが優勝と波乱が続いており、今年の安田記念も波乱含みの混戦模様で、一獲千金のビッグチャンスといえるだろう。

 しかし、春競馬で馬券が当たらなかった人からすれば、難解な安田記念で勝負するのは躊躇するかもしれない。そんな人たちにオススメしたいのが、競馬予想に関して"プロ中のプロ"といえる大物予想家が揃う「ホースメン会議」だ。

 ホースメン会議は、「競馬の神様」と呼ばれた故大川慶次郎氏が「当たる、儲かる、最高の予想を競馬ファンに提供する」ために設立し、今年で創業36年を迎える老舗。この10年間で大手競馬専門紙の廃刊や休刊が続出するなかでも長く続けてこられたのは、コンスタントに結果を出し、会員から絶大な支持を集めているからにほかならない。

 このホースメン会議のモットーは、「勝てるレースしか勝負しない」こと。ゆえに、G1レースであっても勝負しないことが多いようだが、すでにこの安田記念は"大勝負レース"として情報提供をすることが決定しているという。

安田記念、過去20年で1番人気馬はわずか5勝の衝撃...今年も有力馬に不安要素が浮上のページです。GJは、競馬、JRAスワーヴリチャード安田記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

https://topobzor.info

Был найден мной нужный web-сайт на тематику Продать рожь в Харьковской области www.agroxy.com
https://best-cooler.reviews