NEW

日本ダービー(G1)「最強1枠」タイムフライヤーが完全復活!? 松田国英調教師「これまでと雲泥の差」惨敗続きの"早熟"疑惑を一蹴!

【この記事のキーワード】

, ,

日本ダービー(G1)「最強1枠」タイムフライヤーが完全復活!? 松田国英調教師「これまでと雲泥の差」惨敗続きの早熟疑惑を一蹴!の画像1

 近年「最強枠」と恐れられている「1枠」に大本命馬ダノンプレミアムが入ったことで、穴党にとっては「今年は静観か......」と、早くも諦めムードさえ漂っている日本ダービー(G1)。だが、述べるまでもなく1枠の枠は「2頭分」存在し、ダノンプレミアムの他にもこの絶好枠をゲットした馬がいる。

「デキに関しては、これまでと雲泥の差だと思ってください」

 そう胸を張るのは、「1枠2番」を引き当てたタイムフライヤーを管理する松田国英調教師だ。完全にダノンプレミアムの影に隠れる形となり、まったく存在感のない本馬だが、昨年のホープフルS(G1)を制したれっきとしたG1馬である。

 昨年のホープフルSでは鮮やかな大外一気でG1初制覇。後の弥生賞3着馬ジャンダルムに1馬身1/4差をつける完勝劇だっただけでなく、3着のステイフーリッシュが京都新聞杯(G2)を勝ち、4着のサンリヴァルも皐月賞(G1)2着と破ったメンバーも決して弱くはないはずだ。

 しかし、期待された今年2戦をまったく良いところなく惨敗。特に単勝1.2倍と確勝を期して挑んだ若葉S(OP)での敗戦は大きな話題となった。さらに前走の皐月賞でも、まだ6番人気とG1馬の底力に期待するファンも少なくなかったが、10着に大敗......今回はさすがに単勝万馬券になってもおかしくない状況だ。

 ただ、そんな中でも陣営がまったく希望を捨てていないのは不気味だ。

日本ダービー(G1)「最強1枠」タイムフライヤーが完全復活!? 松田国英調教師「これまでと雲泥の差」惨敗続きの"早熟"疑惑を一蹴!のページです。GJは、競馬、1枠タイムフライヤー日本ダービーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Наш популярный web-сайт , он описывает в статьях про Продать рапс в Киевской области www.agroxy.com
www.arbud-prom.com.ua

eurobud.com.ua/bitumnaya-cherepitsa-docke-sheffild/