NEW

RADWINPS「軍歌」批判に「どこが?」「過剰反応」の声殺到......無意味な「検証」と「戦争想起は発送飛びすぎ」

【この記事のキーワード】

, ,

RADWINPS「軍歌」批判に「どこが?」「過剰反応」の声殺到......無意味な「検証」と「戦争想起は発送飛びすぎ」の画像1

 RADWINPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が「軍歌」だと批判を浴びている。

 同曲は「風にたなびくあの旗に古(いにしえ)よりはためく旗に」に始まり「さぁいざゆかん日出づる国の御名の下に」などといった文になっている。野田洋次郎も「何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」とし、日本を愛する気持ちを歌っているようだ。

 ただ、この歌詞に「軍歌」「危ない思想」などという批判が一部で噴出。後に野田は長文で「HINOMARUの歌詞に関して軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません」としているが、多くの議論を生んでいるようだ。

 ただ、さすがに「軍歌」とまで発想を飛躍させることには、世間一般からすれば疑問が沸くようだ。

「たいていの人が『こんな騒ぐことかな』『別に謝らなくていい』『表現の自由だろ』とする意見や『この歌が出たからって戦争が起こるわけじゃない』『いい意味で、RADにそんな影響力はない』『過剰反応しすぎ』と、発想が飛びすぎという意見が多いですね。

あるメディアでは歌詞を『分析』して『愛国歌としては完成度が低い』と称する始末。そうして煽るほうがよほど世間にとって悪のようにも思うのですが......。そもそも『国を愛する心』をもって何が悪いのかもわかりません」(記者)

 一部では「言論弾圧」なんて言葉まで出ているが、それもまた、過剰に批判する一部の意見があるからこそ。

 ネット上での批判を恐れるあまり、テレビやアーティストも表現が難しくなった現代。とりわけ不謹慎なものでなければ、ある程度許容してもいいはず、という世間の見解が多数である。

RADWINPS「軍歌」批判に「どこが?」「過剰反応」の声殺到......無意味な「検証」と「戦争想起は発送飛びすぎ」のページです。GJは、エンタメ、HINOMARURADWINPS軍歌の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

http://usm1.com.ua

www.honda.ua/motorbike/klassika_naked/cb650f/opisanie_modeli/

пептидные препараты