NEW

JRA顕彰馬ロードカナロア選出! 「アーモンドアイ大活躍」で種牡馬としての未来もバラ色

【この記事のキーワード】

, ,

JRA顕彰馬ロードカナロア選出! 「アーモンドアイ大活躍」で種牡馬としての未来もバラ色の画像1
※画像:ロードカナロア/(より/Nadaraikon)

 JRA(日本中央競馬会)は12日、2018年度の顕彰馬にロードカナロアが選ばれたと発表した。

 毎年、約200名の大手メディアに所属する記者の投票によって選定されている顕彰馬。今年は190名の記者が「1人4票」までという規定の下で投票を行ったところ、ロードカナロアが156票(得票率82.1%)を獲得し、見事顕彰馬に選定された。2位はブエナビスタで95票(50%)、3位はスペシャルウィークで89票(46.8%)。有力視されていたモーリスは87票(45.8%)にとどまり、4位に終わっていた。

 ロードカナロアは通算成績19戦13勝。G1勝利は6度を数え、さらに馬券圏外となる4着以下が1度もない、ここ数十年で間違いなく「最強スプリンター」と呼ぶに相応しい実績を残していた。

 それにもかかわらず資格取得初年度はオルフェーヴル、翌年はジェンティルドンナという三冠馬に阻まれ、そして昨年はトップだったものの選定基準となる4分の3にあと4票届かず選出ナシ。今回、4度目で見事に悲願の殿堂入りを果たした形だ。

 株式会社ロードホースクラブ代表・中村伊三美氏は、一口クラブの会員、また管理した安田隆行調教師などをはじめとした「本馬に携わっていただいた全ての関係者の皆様、応援していただいたファンの皆様と共に喜びを分かち合いたいと思います」と皆に感謝しつつ、喜びを爆発させている。

 ロードカナロアは現役時代の成績もさることながら、種牡馬としてもファーストシーズンリーディングサイアーを獲得するなど活躍。今年の桜花賞(G1)オークス(G1)を制したアーモンドアイなどの優れた産駒を誕生させており、今後も龍王の仔には大きな期待が寄せられている。

 見事に顕彰馬に輝いたロードカナロア。これからも競馬界を引っ張っていく1頭として活躍してもらいたい。

JRA顕彰馬ロードカナロア選出! 「アーモンドアイ大活躍」で種牡馬としての未来もバラ色のページです。GJは、競馬、アーモンドアイロードカナロア顕彰馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!