NEW

パチンコ規制緩和に続き「条例緩和」実現!?「絶望」的な状況を回避する流れが生まれるも......

【この記事のキーワード】

,

パチンコ規制緩和に続き「条例緩和」実現!?「絶望」的な状況を回避する流れが生まれるも......の画像1

 政府が東京五輪までに進める受動喫煙防止対策の強化で、苦境に陥ることが確実視されているパチンコ業界。

 全面禁煙化は非喫煙者にとってはありがたいと感じるだろうが、喫煙者比率が高い同業界にとっては厳しい内容である。

 日本遊技関連事業協会(日遊協)が発表した「2017年パチンコ・パチスロファンアンケート調査(ホール来店客調査)」によれば、58.2%の回答者に喫煙習慣があることが判明。ホールの営業収支へ影響を与えることは明白だ。

「アンケートでは、フロアで喫煙できなくなった場合の遊技回数などに対し喫煙ユーザーの『約6割』がネガティブな反応を示したみたいですね。この数字だけを見れば、やはり受動喫煙防止対策の強化が与える影響は厳しいと考えるべきでしょう」(記者)

 しかし、この不安を和らげるニュースが存在する。

 6月4日「時事ドットコム」が、受動喫煙防止対策の「加熱式たばこ」について「分煙すれば飲食店内での利用を認める方向で最終調整に入った」と報じた内容が話題だ。

 4月に公表した条例骨子案では紙巻きたばこと同じ基準で規制する方針だったものの、健康被害の実態が明らかになるまでの「経過措置」として基準を緩和するという。このまま条例から除外されれば、遊技しながら加熱式たばこを喫煙できる可能性が生まれたのだ。

パチンコ規制緩和に続き「条例緩和」実現!?「絶望」的な状況を回避する流れが生まれるも......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロ.出玉規制パチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!