NEW

JRA川田将雅「武豊」との奇跡的シンクロに感激!『戦え!スポーツ内閣』仰天の結末......"意識高い系"騎手の「今一番勝ちたいレース」は?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅「武豊」との奇跡的シンクロに感激!『戦え!スポーツ内閣』仰天の結末......意識高い系騎手の「今一番勝ちたいレース」は?の画像1

 13日に放送されたスポーツバラエティ番組『戦え!スポーツ内閣』(MBS)は、『競馬の祭典 日本ダービーSP』と銘打たれたファン待望の競馬特集だった。

 今年の日本ダービーといえば、ワグネリアンに騎乗した福永祐一騎手が19回目の挑戦で悲願の初制覇。この番組に何度も出演している福永騎手は、準レギュラーとして「競馬大臣」に任命されており、今回はその喜びの声が聞けるのかと思いきや......まさかの"産休"。

 なんと収録日がちょうど第2子誕生の日と重なったとのことで、その代役として出演したのが川田将雅騎手と荻野極騎手だった。

 番組では川田騎手が、ダービー当日に川田騎手の横断幕を掲げて応援していた女性ファン2人から「顔が怖い」「目が鋭い」と指摘されると自ら手を叩いて爆笑。出演者の青木愛から「ちょっとドSな感じの(人)」と振られ「ずっと言われてるし!」とツッコミを入れた。バラエティー番組への出演も多いだけに、自他共に認める"ドSキャラ"としてすっかり定着しているようだ。

「今回の『戦え!スポーツ内閣』は"大当たり"でしたね。というのもこの番組は元から福永騎手推しですし、ダービーの10日前には単独インタビューにも成功しています。

そのVTRの中でダービーに対する熱い思いを語った福永騎手ですが、中でも印象的だったのは『守りに入らず攻めた騎乗をしたい』と語ったシーン。この話を『ダービー前に聞いていれば(馬券が獲れたのに)』と思った視聴者は多いでしょうね(笑)」(競馬ライター)

JRA川田将雅「武豊」との奇跡的シンクロに感激!『戦え!スポーツ内閣』仰天の結末......"意識高い系"騎手の「今一番勝ちたいレース」は?のページです。GJは、競馬、ダノンプレミアム川田将雅武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!