NEW

ユニコーンS(G3)ルヴァンスレーヴの一撃は? 前走2着の理由と素質

【この記事のキーワード】

, ,

ユニコーンS(G3)ルヴァンスレーヴの一撃は? 前走2着の理由と素質の画像1
※画像:ルヴァンスレーヴ/より

 17日(日)の東京競馬場で行われるユニコーンS(G3)。同レースは昨年の勝ち馬サンライズノヴァをはじめ、ゴールドドリームやノンコノユメなど現在もダート路線の覇権を争う馬を輩出しており、ダート馬の登竜門的存在として知られている。

 若きダート馬にとっての数少ない重賞レースでもあるここに、今年は全日本2歳優駿の覇者・ルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)が出走を予定している。

 前々走の全日本2歳優駿ではスタート直後に横の馬と激突。最後方からの競馬を強いられてしまった。だが、鞍上のM.デムーロ騎手は慌てることなく立て直し、最初のコーナーで中団の外目につける。3、4コーナーで4、5番手に進出すると、最後の直線では上がり最速の38.2秒の末脚を披露して早々に抜け出し、後続の猛追も退けて完勝を収めた。

「前走の伏竜Sは1.6倍と断然の一番人気で迎えるも、2着と初黒星を喫しました。ですが、このときは休み明けで、またキャリア初となる右回りのレース。さらに主戦のデムーロ騎手が同日に開催されていた大阪杯(G1)に向かっていたため、鞍上はテン乗りとなった内田博幸騎手と、初物尽くしと条件があまり良くなかったですね。レースを見ているとちょっと反応が鈍かったようにも思えました。

 今回は3戦3勝の左回り、さらに鞍上はデムーロ騎手が復帰します。今回も人気上位に名前を連ねるのは確実でしょう」(競馬記者)

ユニコーンS(G3)ルヴァンスレーヴの一撃は? 前走2着の理由と素質のページです。GJは、競馬、ノンコノユメユニコーンSルヴァンスレーヴの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!