NEW

宝塚記念(G1)キセキ「デムーロと凱旋門賞へ」順調? 仕上がり上々で......

【この記事のキーワード】

, ,

宝塚記念(G1)キセキ「デムーロと凱旋門賞へ」順調? 仕上がり上々で......の画像1

 6/24の宝塚記念(G1)にむけて調整されているキセキ(牡4 栗東・角居勝彦厩舎)の1週前追い切りが、水曜日に栗東のCウッドコースでM.デムーロ騎手を背に行われた。

 単走で行われたが6F82秒8で追われ、ラストも1F12秒1という時計。折り合いはついており、ラストもハミを取って、レースに向けて心身ともに落ち着いたもの。2週連続調教に騎乗しているM.デムーロ騎手は、満足した表情で「(以前より)首の筋肉がすごく、体の幅もすごい」と半年ぶりに跨がる愛馬を絶賛している。

 3歳秋の菊花賞を制覇しG1馬の仲間入りを果たしたが、12月の香港ヴァーズの出走は2番人気と支持されたものの9着。翌年、休み明けの日経賞も9着と敗退した。不良馬場で行われた菊花賞の疲れが、いまだ抜けきれていないのであろうか?

「M.デムーロ騎手はこの馬のウィークポイントとして『折り合いが難しい馬で、引っ掛かる』と言ってます。前走の日経賞は、スタートが出遅れた上に、外ラチのほうへ飛び出したのを、騎乗したC.ルメール騎手が手綱を引いて軌道修正していました。父親譲りのスタートの悪さですよ。

 また、その後、後方10番手あたりを追走して1週目の直線に入ったのですが、1コーナーから2コーナーの間でキセキはハナにたってしまい、そのまま逃げて9着に惨敗。

 レイデオロのイメージがあるためか、C.ルメール騎手がスローを嫌ってハナに立ったという風にファンも記者も見ていましたが、実際のところは、1000m62秒3と遅めのペースで馬が掛かってしまい、手綱をしぼったり、外目を走らせたりしたものの効果なく、馬の行く気に任せてそのままハナに行かせたみたいで。レース後にC.ルメール騎手は関係者に掛かったことを報告しています。宝塚記念までにこの気性をどうするかが陣営の課題でしょうね」(現場記者)

宝塚記念(G1)キセキ「デムーロと凱旋門賞へ」順調? 仕上がり上々で......のページです。GJは、競馬、キセキ凱旋門賞宝塚記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!