NEW

『北斗の拳』新台に大敗も「女神」降臨......超パチンコ師が迎える劇的な結末とは!?

【この記事のキーワード】

, ,

『北斗の拳』新台に大敗も「女神」降臨......超パチンコ師が迎える劇的な結末とは!?の画像1

ぱちんこCR北斗の拳7 百裂乱舞』(サミー)の導入で、熱気を帯びているパチンコホール。導入から間もないとはいえ高い稼働を実現しているあたりは、さすが業界を代表する『北斗の拳』という印象だ。

 そんな大ヒットシリーズの礎を築いた『ぱちんこCR北斗の拳 ラオウ』が登場した2008年。私「ロベルト竜馬」も、当時の最新作を相手に激闘を繰り広げていた。

 前回もお話したように、朝から『北斗の拳 ラオウ』へ挑んだ初打ち。数十回転目に大当たりを引き当て、確変継続を賭けたバトルでは最弱のフドウが現れるという理想的な展開が待っていたのだが......。

 迷惑極まりない隣の"煽りおじさん"によって、結果が心配になる流れに。嫌な予感は的中し「大連チャン」のチャンスは手からこぼれ落ちてしまったのだった。

 もちろん煽られたからバトルに敗北したわけではないが、あの煽りがダメージを大きくしたことは間違いない。そのショックから立ち直れない私は、出玉が飲まれた後もズルズルと追加投資を続け......。マイナス5万円という散々な結果で初打ちを終了したのである。

 まさに天国から地獄へ。傷ついた心を癒やしに飲みにでも行こうと思ったのだが、1本の電話が状況を一変させる。電話の相手はパチ仲間であるI氏だった。

 I氏はパチンコもパチスロも嗜む男なのだが、打つ台は9割方「萌え系」や「女性が主役の機種」と立ち回りに強い拘りを持っている。

 そんな彼が当時ハマっていたのは、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せていた京楽の「癒し系ラブラブぱちんこ」。眞鍋かをりや小倉優子など、グラビアやテレビなどで大活躍中のアイドルたちが登場していた『CRぱちんこアバンギャルド』だった。

 大当たり確率1/314.75、確率変動確率65%となる本機。平均出玉は約1500個で、すべての大当たりに100回の時短が付くなど甘めに設計されている。展開によっては大量出玉の獲得が可能だ。

 しかし、本機の魅力は"ソレ"だけに留まらない。

『北斗の拳』新台に大敗も「女神」降臨......超パチンコ師が迎える劇的な結末とは!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコ北斗の拳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

https://www.biceps-ua.com/

https://steroid.in.ua

www.steroid.in.ua